しゃっくり 止め方 止まらない 原因 対処法

しゃっくり止め方.net〜止まらない原因と対処法

スポンサーリンク

あなたはしゃっくりで困ったことがありますか?
生きていれば、しゃっくりがとまらなくて困ったことが一度は、あったはずです。
私も子供の頃は、よくしゃっくりが止まらなくて困ったものでした。
友達にしゃっくりを止める方法を聞いて、試してみたのを覚えています。
このしゃっくりはどうして起こるのでしょうか?
しゃっくりとは、何らかの原因で横隔膜が痙攣し、起こるのです。
横隔膜は、肺の下に位置しており、上がったり下がったりして肺が膨らんだりしぼんだりします。
つまり、呼吸運動に欠かせない役割を果たしているのですね。
ところが、この横隔膜が何かの原因で刺激を受けると規則正しい呼吸が妨げられて不規則になり、痙攣する度ごとに空気が吸い込まれてしまいます。
そうしてしゃっくりが起こるのです。
しゃっくりは人によって、数分で止まってしまう人もあれば、私の子供の頃のように、何時間も止まらない場合もあります。
だからと言って、しゃっくりが原因で、病気になることはありませんので、心配する必要はありませんが、ここで何が原因でしゃっくりになるのか、探って行きたいと思います。
しゃっくりになる原因
1.笑いが原因の場合
笑い方は人によって様々です。
そのため、笑い方が原因でしゃっくりが発生してしまう場合があります。

笑い方が横隔膜を刺激するような場合です。
また、大きな声を突然出すと、横隔膜が痙攣を起こしてしゃっくりが発生する場合もあります。

スポンサーリンク

2.飲み物、食べ物が原因の場合
喉の奥が刺激をうけるとしゃっくりを起こすのですが、飲み物や食べ物が喉の奥を刺激することがあります。
辛いものや炭酸の多い飲み物がこれに当たります。
それと、良く咀嚼しないで食べ物を飲み込んでしまう場合や香辛料の多い物を食べる場合もしゃっくりが引き起こされることがあります。
また、お酒の飲み過ぎもしゃっくりの原因となりますので、アルコールの飲酒は程々にしておきましょう。
3.ストレスが原因の場合
心因性しゃっくりと呼ばれるものなのですが、ストレスが原因でしゃっくりになる場合があります。
この場合は、職場や家事、育児のストレスの根源を断つべく努力していきましょう。
それでは、しゃっくりの止め方にはどんな方法があるのでしょうか?その対策法を探ってみましょう。
1.息をとめる。
このやり方は、私も何度もやりました。毎回、止まったというわけではありませんが、それなりに効果がありまししたよ。
2.息を止めて、水をのむ。
この方法は、特に効果がありました。ちょっと苦しいので、気を付けて実践してみてくださいね。
3.びっくりさせる。
しゃっくりは何かに驚くことで発生することもあります。その場合は、また本人を驚かして止めてみるのです。
完全に効果がある方法は残念ながらありません。他にも何かいい方法があれば、試してみてくださいね。

また、しゃっくりは、病気が原因で発生する場合もあります。
しゃっくりを引き起こす主な病気は、次の通りです。
逆流性食道炎、肺がん、アルコール依存症など。
これらの疑いがある場合は、早めに専門医の診察を受けられることをお勧めします。
このサイトでは、具体的な症例を挙げ、しゃっくりについて解説しています。参考になりますので、読み進めてみてくださいね。
どうぞお大事になさってください。

スポンサーリンク