新生児 しゃっくり ミルク

新生児のしゃっくりの原因とミルクの関係について

スポンサーリンク

新生児がよくしゃっくりをするのには理由があります。
そもそもしゃっくりが起こるメカニズムは、ミクローヌスとよばれる筋肉の萎縮によって横隔膜にけいれんが起こり、さらに声帯の隙間が閉じてしまって、呼吸に変化ができます。
特に新生児の横隔膜は成長の過程にあってとても未熟なため、ちょっとしたことがきっかけでけいれんを起こしてしまいがちで、それがなかなか止まらないしゃっくりにつながってしまいます。
主な要因として、まずは赤ちゃんがおしっこやうんちをすることです。
オムツが濡れることで体が冷えてしまい、その時の体温の低下が刺激になって横隔膜のけいれんが起こってしまいます。
下半身が冷えてお腹に力が入ってしまうことが刺激となる場合もあります。
もうひとつの大きな要因となるのは母乳やミルクを飲むことです。
赤ちゃんの胃や食道の動きが急に活発になり横隔膜を刺激してしまいます。
また、母乳やミルクを飲む時に一緒に空気を吸ってしまうことが要因になるケースもあります。

スポンサーリンク

しゃっくりは病気ではないので慌てて止める必要はありません。
それでも、新生児の場合は体が小さいため、なかなか止まらないことが余計に苦しそうに見えてしまい、早く止めてあげたいと思うのが母親の心情です。
新生児のしゃっくりを止めるにはいくつかの方法があります。
まずは、ミルク、母乳、白湯などをさらに与えてみる方法です。
再度横隔膜が刺激されることで逆にけいれんが止まることがあります。
次に背中をトントンとやさしく叩いたり、さすったりしてあげる方法です。
体が温まったり、げっぷが出たりすることでけいれんが治まる効果があります。
オムツが濡れている場合には、すぐに新しいオムツに交換することも効果的です。
冷えた下半身が温まり、止まりやすくなります。
また、あまりにも長引く場合には、赤ちゃんの気分転換もかねて散歩に出てみる方法もあります。
外気に触れて刺激が与えられることで止まることもあります。
いずれにしても無理に止める必要はなく、あまり心配せずにゆっくり様子を見守ってあげることが大切です。

スポンサーリンク