しゃっくり 薬 市販

しゃっくりに有効なのは民間療法か、市販の薬か

スポンサーリンク

しゃっくりとは自分の意志とは関係なく横隔膜が痙攣することです。
通常は数分から数時間で治まることが多く、長くても48時間以内に止まることがほとんどです。
その原因は多岐に渡り、複合的な要因によるものも多く、厳密に断定するのは難しいのですが代表的な原因は下記の通りとなります。
・食事の過剰摂取・炭酸飲料を飲んだ後・過剰な飲酒・胃腸の温度変化どれも胃腸への刺激を与えたことで発生しております。
胃腸への刺激が原因である以上、正常になるように働きかけることで症状が改善されます。
昔から伝わる民間療法として、・冷たい水を飲む・驚かせる・息を止めるなどがあります。
必ずしも胃腸に働きかけているとは言えませんが、いつでも出来るという手軽さは魅力です。
しかし上記に記載した通りしゃっくりの多くは48時間以内に止まることが多く、2日経過しても改善されないときは病院での検査が必要となります。
しゃっくりには治療薬がありますが、市販されていない物も多く、メトクロプラミドなど胃腸の働きを活発にすることで改善されます。

スポンサーリンク

しゃっくりの治療薬と致しまして、漢方も効果的です。
市販されているしゃっくりの薬のほとんどが漢方で、即効性はありませんが手軽にドラッグストアなどで購入出来ることがメリットとなります。
代表的なものとして下記の通りです。
・シテイトウ・ゴシュウトウ・シャクヤクカンゾウトウ胃腸の急激な温度変化、食べ過ぎ、飲み過ぎが原因で発生することが多い為、漢方を服用することで胃腸を温め、症状を改善します。
又、漢方ではありませんが柿のヘタは、特効性があることが知られています。
上記のシテイトウにも成分として含まれており、温かい状態で飲むとより効果があります。
柿が手元にあったら是非、試してみて下さい。
以上、民間療法から市販薬まで記載致しましたが、どれも必ず治るというものではなく、体調や症状に合せて飲むことで症状が改善されます。
一方的にどちらが正しいということではなく、民間療法、市販薬と上手に付き合うことで効果的に抑えることが出来ます。

スポンサーリンク