しゃっくり 病院 何科 受診

しゃっくりは病院の何科を受診すればいいのか

スポンサーリンク

しゃっくりの症状が数日間止まらないというようなことがあります。
一般的にしゃっくりに関しては、数日間で治まるようになっています。
しかし数日間止まらないと言うこともあります。
このような場合は何らかの病気の可能性が考えられています。
したがって病院を受診する必要があります。
このときに気になるのが、病院の何科を受診すればいいのかと言うことです。
現在病院にはたくさんの診療科があります。
しゃっくりが止まらないときには病院の何科を受診すればいいのかというと、最初は内科を受診するようにします。
内科ではしゃっくりの原因を追及することができます。
原因が何であるかわからないので、何科を受診すればいいのか判断ができないという人もいます。
しゃっくりが止まらなくなる原因はいくつか考えられています。
一般的には横隔膜が痙攣することで発症すると考えられています。
しかし横隔膜が痙攣をしていないのに、ほかの臓器などから刺激をされると、止まらなくなってしまいます。

スポンサーリンク

胃や食道などの消化器系の異常で横隔膜が刺激されていると言うこともあります。
この場合は病院の何科を受診すればいいのかわからないという人がいます。
この場合消化器内科を受診するようにします。
胃がんや食道がんというような病気の可能性もあります。
この場合も症状が治まらないと言うことがあり、命の危険性もあるので注意が必要となります。
脳血管障害や脳腫瘍というように、脳に何らかの異常が発生し、その結果神経が正常に働かなくなり、横隔膜を刺激するというようなこともあります。
この場合病院の何科を受診すればいいのかというと、脳神経外科となります。
しゃっくりは、気管支炎や肺炎というような呼吸器系の異常が原因となって発生することもあります。
病院の何科に行けばいいのかというと、消化器系の場合は消化器科、脳に関しては脳神経外科、呼吸器系に関しては呼吸器科が専門と言うことになります。
しかし最初から原因を特定することができないので、迷ったときには内科に行くようにします。

スポンサーリンク