しゃっくり 胃痛 原因 解消方法

しゃっくり、胃痛がする原因と解消方法

スポンサーリンク

しゃっくりは誰にでも起こったことがあると考えられます。
しゃっくりをしたことがない人はいないということになります。
しゃっくりは、横隔膜が痙攣することで起こる現象です。
しゃっくりが出てもすぐに治ったり、たまに出る程度は心配はありません。
しかし、長時間続く時はとても辛くて胃痛がしたり、胸のあたりが痛くなったりします。
何度もしゃっくりが出たり、長時間出て治らない場合には病気を疑って病院へ行きましょう。
しゃっくりが止まらなくてなおかつ、胃痛を我慢していると吐き気や嘔吐することもあります。
横隔膜の刺激により起こる症状なので、横隔膜周辺が刺激されて起こると考えられます。
胃の刺激、突然の緊張、体への刺激、ストレスなどが原因で起こることがあります。
原因がわかっている方は注意すると、症状が減少するでしょう。
胃痛が起こり胃が刺激される方は、ゆっくりよく噛んで食べる、暴飲暴食を避ける、刺激のある食べ物や飲み物を避けるなどで減少します。

スポンサーリンク

仕事中に突然緊張して症状が出る方は、深呼吸をすると落ち着きます。
シャワーをいきなり胸あたりや胃のあたりに当てず、足から当てたり十分に体を温めてからシャワーを浴びるなどの工夫をすると良いでしょう。
ストレスは、人によります。
ストレスを解消することが必要です。
人により解消方法は違います。
解消するには、ストレスとなっている原因を取り除くことです。
嫌なことはやめてみましょう。
誰でもストレスを受けます。
自分だけだと考えないことです。
特に注意をしておかないと、ストレスによって胃痛が起こることがあります。
食事を急いで食べてしゃっくりが出た、緊張してたまたま出たなどですと心配はいりません。
原因が重要ということになります。
原因をよく考えて対応しましょう。
胃痛や吐き気、何度も繰り返す、度々起こるなどの症状は注意が必要です。
我慢しないで病院へ行きましょう。
治療をすると症状は緩和します。

しゃっくりをする時の状況や原因を記録しておくと受診の参考になります。

スポンサーリンク