新生児 しゃっくり 頻繁

新生児が頻繁にしゃっくりをするのは普通?

スポンサーリンク

初めての子育ては分からない事ばかりだと思います。
また、新生児期はお互いに慣れない事もあり、すべての事が気になる人も多いでしょう。
その中で、新生児が頻繁にしゃっくりをしていると、心配になるお母さんも多いと思います。
そもそも、しゃっくりは横隔膜が痙攣する事によって起こります。
横隔膜が痙攣する原因としては、食べ過ぎや早食いなどちょっとした刺激です。
特に新生児は体がまだ未発達なので、おっぱいを飲んだり、おしっこをしただけでも横隔膜が痙攣する事があります。
このように横隔膜が発達していない新生児には、しゃっくりが頻繁に起こるのは普通な事なのです。
また、赤ちゃんを産んだお母さんなら経験があると思いますが、赤ちゃんはお腹の中にいる間もしゃっくりをしています。
しかし、あまりに頻繁にしゃっくりをしていると苦しいのではないかと思うでしょう。
だいたいは自然に治りますが、なかなか治らない場合のために対処方法を知っておくといいと思います。

スポンサーリンク

まずは、おっぱいやミルク、白湯などの飲み物を飲ませてあげましょう。
飲み物を飲み込んだ刺激で止まる事があります。
他にはげっぷを出してあげるのもいいです。
おっぱいやミルクの途中でしゃっくりが出始めた場合は、空気を飲み込んでしまった事が原因であるかもしれないからです。
また、体が冷える事がきっかけで出る場合もあるので、濡れたオムツを替えたり、体を温めてあげたりするのも良いです。
それでも頻繁に出て、赤ちゃんがぐったりしている場合は病院にかかるようにしましょう。
新生児期の赤ちゃんなどは、まれに肺炎などが原因で引き起こされる場合もあるからです。
他にアレルギーが原因になる場合もあります。
湿疹やくしゃみ、かゆみなどがある場合はアレルギー症状かもしれません。
しかし、これらは滅多にある事はないので、元気にしているのなら心配する必要はありません。
また、新生児は成長と共にしゃっくりが頻繁ではなくなっていきます。
頻繁なしゃっくりは成長過程で起こるものだと割り切り、成長を楽しんでいきましょう。

スポンサーリンク