赤ちゃん 笑うと しゃっくり

赤ちゃんが笑うとしゃっくりする理由

スポンサーリンク

生まれたばかりや3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、笑うとしゃっくりがでます。
そもそもしゃっくりとは、横隔膜が痙攣する状態をさしており、小さいお子さんはよく起こりがちな症状です。
笑うことは横隔膜が刺激されることにつながりますので、体調面で何か病状を抱いているわけではありません。
お子さんが元気であってもよくあることなのです。
そのため、病気かどうかを心配するよりも、お子さんが成長の過程だと理解しておいたほうがいいでしょう。
ただ、赤ちゃんの場合には一度出るとなかなかとめられないことも頻繁にあります。
そのため、小さいお子さんをお持ちの方の場合には、笑った後で出てきたしゃっくりに対して水を飲ませて落ち着かせてあげてください。
水を始め飲み物を飲ませることによって、横隔膜の痙攣が治まり、とまります。
3ヶ月を過ぎると平均的に止まる傾向にあるといわれていますが、年齢によっては3歳を過ぎてもまだ出る可能性もあります。

スポンサーリンク

気をつけることとしては笑わせすぎはよくないということです。
笑わせすぎることによって帰って泣き出してしまうこともあります。
お子さんによってはあまりに横隔膜を振るわせすぎて、お子さんが追うとしてしまうということもあるので、注意が必要です。
また、笑わせすぎることによって頻繁に出てきやすい体質になるといわれています。
そのため、ある程度喜ぶことをしたら水を飲ませることを習慣付けておくことで、病状が回復するでしょう。
もちろん笑うことは情操教育において大切です。
お子さんの将来のことを考えて楽しいと感じることをたくさん行ってください。
ただ、笑わせすぎないようにある程度のところでやめておくことで、お子さんがしゃっくりを行わずに快適に過ごせるのです。
お子さんと入っても個人差がありますので、特に病気ではないけれど心配になってきたと感じる方々の場合には、3ヶ月など提起的に行われる定期健診のときに助産師などに聞いてみてください。

スポンサーリンク