睡眠薬 しゃっくり 原因

睡眠薬はしゃっくりの原因?

スポンサーリンク

しゃっくりが止まらないと言うことがあります。
しゃっくりが止まらないときにはいくつかの原因が考えられています。
基本的には長くても数時間で自然に治まるようになっています。
しかしいつか止まると考えていても、なかなか止まらずに何日も何ヶ月というように続くこともあります。
これでは非常に心配となってしまいます。
何か病気が関係しているのではないかと考えることもあります。
このような状態が長く続いてしまうと、食事をすることができなかったり、十分な睡眠を取ることができなくなってしまいます。
日常生活に支障を来してしまうと言うことにつながります。
しゃっくりが出るときに考えられる原因としては、次のようなものがあります。
それは横隔膜が痙攣をしているということになります。
食事をたくさん食べたり早く食べたり、このほかには暴飲やたばこの吸いすぎやストレスなどが原因と考えられています。
しかしこれ以外に病気が原因となっていることもあります。

スポンサーリンク

このときに考えられる病気としては、胃がんや食道がんや中枢神経が刺激されていると言うことが考えられています。
このほかには薬の副作用としてこのような症状が現れることもあります。
このときの薬としては睡眠薬や抗精神薬となっています。
睡眠薬を服用する際の副作用として、しゃっくりが発生することもあります。
薬の副作用が原因となってしゃっくりが発生することがありますが、抗がん剤や睡眠薬、このほかには抗精神薬というような薬が考えられています。
抗がん剤や睡眠薬は、非常に作用が強い薬となっています。
したがって睡眠薬というような作用の強い薬を服用すると、その副作用でしゃっくりが出ることがあります。
睡眠薬などの薬の副作用でしゃっくりが出た場合には、自己判断で薬の服用をやめないようにします。
この場合原因をしっかりと追求し、かかりつけの医師に相談をすることが必要になります。
別の薬を服用する対処法もありますので、医師に症状を相談するようにしましょう。

スポンサーリンク