新生児 しゃっくり ミルク吐く 対処方法

新生児がしゃっくりでミルク吐く時の対処方法

スポンサーリンク

赤ちゃん、特に生まれたばかりの新生児は、ちょっとの刺激でしゃっくりをし始めます。
そのことでいつも心配になるママも多いかもしれませんが、新生児のしゃっくりはそこまで心配することはありません。
大人からしたらとても苦しそうですが、本人からしたら大人ほど苦しくないそうです。
まだ未熟な新生児の呼吸の練習だ、と言い聞かせて様子を見ておいてよいでしょう。
しゃっくりは、温度の変化や、ミルクを飲んでいる際などに多く起こります。
特にミルクを飲んでいる際のしゃっくりに関しては、新生児によってはミルク吐く原因になることもあるそうです。
ミルク吐くからミルクを飲ませないわけにもいきません。
新生児は食事の時間をきちんと取らなければなりませんし、ミルクだけが食事なので、与えないわけにはいきません。
ではこの、ミルク吐くことへの対処方法は何かないものでしょうか。
お家でできる簡単なしゃっくりの止め方、ミルク吐くことを避けるためにも対処方法をお教えします。

スポンサーリンク

しゃっくりは、特に新生児の場合、外部からの少しの刺激で横隔膜の痙攣が起こります。
その痙攣は、大人あれば驚かせたり、息を止めたり、水を飲んだりと様々な対処方法があるのですが、どれも赤ちゃんには合わない止め方です。
息を止めたり、水を飲んだりすることは本人の意識なしではできないことですし、びっくりさせることは赤ちゃんにとってはただ、泣き出してしまうこともあります。
赤ちゃんに対して、一番簡単に止める方法としては、まず、人肌に温めたガーゼやタオルでお腹を温めてあげてください。
これが一番家でできる対処方法ですし、ミルクを飲んでいる際のミルク吐くことへの対処方法になります。
授乳中に毎回しゃっくりでミルク吐くことが考えられる場合、あたためたガーゼをおなかに当てて、体を温めてあげると、不思議としゃっくりが止まったりするものです。
また、ミルクを飲む際には、途中でゲップをさせると、体内の空気が抜けてミルク吐きを防ぐことができます。
対処方法は様々ですが、あまり気にせずに、落ち着いて、対処することが大事です。

スポンサーリンク