くしゃみ 止める 体に悪い

くしゃみを止めるのは体に悪いのか

スポンサーリンク

人間の生理現象の中にくしゃみと言うことがあります。
とくに意識をしなくてもくしゃみが出るようになっていますが、これを止めることが体に悪いのかが気になります。
風邪をひいているときや花粉症の症状が出ているというようなときに、頻繁に発生するようになっていますが、音が大きくなると、人前では非常に恥ずかしい思いをすることもあります。
しかしここで忘れてはいけないことは、くしゃみが出ると言うことは、体の中にあるウイルスやホコリというような異物をはき出していると言うことになります。
したがって非常に大切なこととなっています。
気になるからといって無理に止めると言うことを考えている人がいますが、これは体に悪いことになります。
くしゃみを出すときにはたくさんのエネルギーを発するようになっているので、無理に止めると言うことになれば、そのエネルギーをほかの所に向かわせてしまうと言うことになります。
その結果肋骨や咽頭が骨折してしまうと言うことにつながりかねません。

スポンサーリンク

くしゃみを止めることで鼓膜が破れたり、呼吸器系に異物が蓄積されるというようなこともあるので、止めることは体に悪いのです。
くしゃみはできるだけ出した方がいいと考えられていますが、出したくてもでないと言うこともあります。
このようなときの対処法としては、強い光を見ると言うことになります。
このほかにミント系の食品を摂取したり、鼻を刺激するという方法もあります。
くしゃみは止めるのではなく出すと言うことが大前提となっています。
それは無理に止めると体に悪いという背景がありますが、出したときにも音をできるだけ小さくするように心がけることも大切です。
そのために厚手のハンカチやタオルで口元を押さえると言う方法があります。
でる直前に息を止めるという方法も一定の効果があります。
くしゃみは人間の生理現象となっているので、無理に出さないようにすることは体に悪いです。
同時に咳をしたりすると音を小さくすることができますが、できれば自然に任せるというのが理想です。
これで体に悪いと言うことがありません。

スポンサーリンク