しゃっくり 単発 病気

単発でおこるしゃっくりの病気

スポンサーリンク

しゃっくりがなる種類は三種類あります。
一つ目は中枢性しゃっくりで、脳や脊髄の神経など体にとって大切な神経が集まった場所、注水神経が刺激されることによって起こるもので、脳腫瘍に脳卒中やアルコール中毒など病気の症状として起きます。
二つ目は末梢性しゃっくりで、注水神経から伸びている筋肉にくっついた細かい神経線維、末梢神経が刺激されることによって起こるもので、肺炎や気管支喘息などが原因で引き起こされるといわれています。
三つ目は横隔膜刺激によるしゃっくりで、胸とお腹の間にある膜状の厚みのある筋肉、横隔膜が刺激されることによって起こるもので、俗にいう一般的なもののことです。
また、しゃっくりには一回だけしか出ない単発のものも中にはあります。
しかし、これらの原因はよくわかっていません。
通常ではこれらは横隔膜が痙攣することで起こりますが、症状が起こるメカニズムは明確にはわかっていません。
ただ、消化器科の医師によれば、単発ならば病気が潜んでいる可能性は低いとのことです。

スポンサーリンク

また、これらをとめるにはケイレンを治めて、横隔膜のリズムを正常に戻してげる必要があります。
ケイレンが収まるまで待っていれば自然ととまるのですが、それまで少し時間がかかってしまいます。
しかし、横隔膜にショックを与えてあげるとケイレンが治まることもあるので、すぐにとめたいという型は下記の方法をためしてみると良いです。
誰かに頼んで驚かしてもらうや鼻の奥に何かを入れてくしゃみをする、息を止めながら水を一気飲みする、手で下を強く引っ張ってみる、10秒限界まで息を吸って息を止めてから10秒限界まで息を吐く、人差し指を耳に入れ30秒〜一分待っていればとまるというものもあります。
またとめるためのつぼというものもあります。
天突や内関などというつぼを5秒間押し続けることも効果的です。
しかしこれらの方法を試してもとまらないときは、とめるための薬というものが出ているのでそれらを、会議中や人前に出るときなどに飲むと良いかもしれません。

スポンサーリンク