しゃっくり 頻繁 病気

しゃっくりが頻繁に起こると病気の疑いがあります

スポンサーリンク

しゃっくりは大人よりも子供に多いといわれています。
たまに起こるような場合は心配いりませんが、頻繁に起こる場合には注意が必要です。
大人でよく起こる時の原因としては、タバコの吸いすぎやお酒の飲み過ぎなどが考えられます。
また大食いの人や早食いの人などにも起こりやすいのです。
最近増えているのはストレス過剰によりしゃっくりが出るケースです。
いずれも日常生活の送り方が原因なので、それを買えれば治まってきます。
このようなしゃっくりはすぐに治まるので心配は不要です。
その他に注意すべきなののは、身体の異常やケガなどが原因で起こる場合です。
しゃっくりというのは横隔膜が刺激されて発声するので、体内で何らかの異常が起こって横隔膜を刺激していることがあるのです。
どのような異常が発生すると横隔膜を刺激するのかを考える必要があります。
横隔膜を直接刺激する病気としては、食道ガン、胃ガン、または消化管の炎症などが考えられます。

スポンサーリンク

食道や胃にガンができて大きくなると、それが横隔膜を刺激するわけです。
このような場合は吐き気とか食欲不振とか体重の急激な減少などの症状が現れるので、注意深く気をつけることが大事です。
不安な場合は少しでも早く専門医の診察を受けることが快癒につながります。
食道ガンや胃ガンは早期発見できればほとんど治る病気ですので、躊躇することなく検査をすべきです。
もし消化管の炎症の場合も早めに治療をする必要があります。
放置しておくとガン化する恐れがあります。
その他に横隔膜を刺激する可能性のある病気としては、脳血管障害や脳腫瘍が考えられます。
これらの病気は中枢神経を刺激するので、それが原因となってしゃっくりが出るのです。
またアルコール中毒が原因の場合もあります。
さらに気管支ぜんそくや胸膜炎などの病気があると、やはり横隔膜が刺激を受けます。
あまり心配する必要はないのですが、頻繁に起こったり、なかなか治まらない場合は一度病院で検査をすることが大事です。

スポンサーリンク