胎児 しゃっくり ダウン症

胎児のしゃっくりとダウン症について

スポンサーリンク

女性にとって妊娠をするということは大きな期待と不安がつきまとうものです。
妊娠週数が経過するにつれてお腹の中の胎児もどんどん大きくなりますが、実際に動いているのを感じるようになると非常にうれしくなります。
しかしここで何か気になるという人もいます。
それはあまりにも頻繁にぴくぴくと動くというような場合です。
これは実際に妊娠経験がある人でなければわからないことですが、胎児がしゃっくりをしているということが考えられます。
お腹の位置なども変わるようになっているので、原因が何か分からないと言うときには心配になります。
お腹の中の赤ちゃんがしゃっくりをするのは決して珍しいことではありません。
一度このような経験をすると、動きだけで分かるというような人もいます。
お腹の動きとしてはどのように感じるのかというと、臍の下周辺の位置がぴくぴくと痙攣をしたような感じになります。
しかし逆子の場合にはこの位置が少し上がります。

スポンサーリンク

赤ちゃんはお腹の中で羊水を飲みながら生活をしていますが、このときにゴミや異物が混ざっていることがあります。
これを吐き出すために行っていると考えられています。
産まれてからの呼吸の練習をしているとも考えられています。
このような行動が始まるのは妊娠5ヶ月頃からとなっています。
しかしこれより早いからといった問題があるということはありません。
どのような赤ちゃんでも必ず行う動作となっています。
しかしあまりにも長く続くようであれば何か問題があるのではないかと心配になります。
長時間続いたからと行って苦しいと感じていることはありません。
しゃっくりをすることでダウン症の可能性があるのではと心配する人がいますが、全く関係がないと考えられています。
他の障害との関連性も薄くなっています。
ダウン症は遺伝子や染色体が関係しているものなので、しゃっくりを心配する必要はありません。
あまりにも気にしすぎるとストレスがたまり精神的にあまりよくありません。
ゆったりとした気持ちで過ごすようにします。

スポンサーリンク