しゃっくり 原因 頻繁

しゃっくりが頻繁に出る人の原因

スポンサーリンク

 しゃっくりの正式名称は、「横隔膜痙攣」です。
文字通り、横隔膜が痙攣することによって引き起こされる、身体の反射運動のことです。
通常であれば、数分で自然に止まります。
しかし、長時間止まらないといった場合もあり、その場合には気管支系にトラブルがある可能性もあります。
何時間も継続して止まらない時には、医療機関を受診されることをおすすめします。
 しゃっくりは、体質によっても出やすい人と、出にくい人が存在しています。
また辛いものやお酒が好きな人は、しゃっくりが頻繁に出る傾向が強くなります。
横隔膜の近くの筋肉が、香辛料やアルコールによって刺激され、痙攣が起こりやすくなることが原因です。
そのほか、笑いすぎたり、食後のゲップも誘発原因となります。
ゆえに、辛いものを食べすぎない、過度な飲酒を控えるようにする、笑い過ぎない、食事を食べる時には、一気に食べないようにするといったことが、横隔膜を痙攣させない予防法となります。

スポンサーリンク

 そもそも横隔膜とは、肺の下にあり、おなかと肺を隔てている筋肉のことです。
横隔膜が痙攣すると、声帯の筋肉が収縮し、結果狭くなった声帯を吐く息が通るために、「ひっく」という音がします。
出始めると煩わしいしゃっくりを止める方法については、さまざまな民間療法が存在しています。
一般的に良く知られている方法としては、いきなり驚かせて、ビックリさせる・しばらく息を止めてみる・コップ1杯の水を一気飲みするなどが挙げられます。
 柿のヘタを5g〜10g刻み、水300CCを加えて、半量程度になるまで煎じ、その煎じた汁を飲むという方法も言い伝えられています。
しょうが汁を加えると飲みやすくなります。
前述しました「コップ1杯の水を一気に飲む」止め方については、飲み方にコツがあります。
しゃっくりを止めるためには、普通に飲んではいけません。
コップに覆いかぶさるような姿勢で、コップの向こう側から一気飲みするという飲み方です。

スポンサーリンク