胎児 しゃっくり 位置 逆子

胎児のしゃっくりの位置と逆子について

スポンサーリンク

妊娠中には胎児が大きく成長するのを感じることができます。
定期検診のエコー写真などで確認をすることもできますが、胎動といったお腹の中の赤ちゃんの動きでも感じることができるようになっています。
しかしこの動きの中でいつもとは少し違いと感じるようなものがあります。
それは赤ちゃんがお腹の中でしゃっくりをしている可能性が高くなります。
赤ちゃんがしゃっくりをしているので何か大きな病気を抱えているのではないかと心配になる人もいますが、決してそのようなことはありません。
これはどのような赤ちゃんも行うことなのです。
赤ちゃんは成長するために羊水を飲んで大きくなります。
しかしこの中に異物やゴミが入っていると言うこともあります。
赤ちゃんはこれを上手にはき出しています。
これがしゃっくりとなってあらわれるのです。
また産まれてきたときの呼吸を練習するために、横隔膜を痙攣させているという場合もあります。
妊娠5ヶ月を迎える頃からいつもとは違うような動きを感じることがあります。

スポンサーリンク

動きの感じ方は人によってさまざまで、それがはっきりと分かる人や全く分からないというような人もいます。
具体的にはどのような動きを感じるのかというと、臍の下あたりが痙攣しているような動きになります。
しかし中には逆子の状態になっているというような妊婦さんもいます。
このような場合はどこに動きを感じるのかというと、臍の少し上あたりが痙攣するように動きます。
正常な位置にいる胎児と逆子の場合とで動きを感じる部分が少し異なっています。
いつからしゃっくりが始まっていつに終わるというのは人によって異なります。
臨月になっても毎日このような動きを感じるというような場合でも心配をする必要はありません。
実際に産まれてからお腹の中にいた習慣が残っているというようなこともあり、1日1回はしゃっくりをするというような赤ちゃんもいます。
このように胎児にとって必要不可欠なことで、何か大きな病気の可能性があるというようなことは心配する必要はありません。

スポンサーリンク