胎児 しゃっくり 頻度

胎児のしゃっくりの頻度について

スポンサーリンク

初めての出産を迎える妊婦さんにとっては、全ての経験が初めてのことばかりで不安も多いと考えます。
安定期に入ると徐々に胎児の動きを感じるようになる、胎動というものが始まります。
胎児の動きの中にはしゃっくりというものがあるのですが、多ければ多いほど苦しいのではないかとか、何か異常が起きているのではないかなど、心配になる妊婦さんが多い傾向があります。
今回は胎児のしゃっくりの原因と、頻度などについてご紹介していきます。
胎児がしゃっくりをする原因として一般的に言われているのが、羊水の中に混ざった異物を吐き出そうとして起きているもの、横隔膜の痙攣発作をすることによって呼吸のトレーニングをしているなどと言われています。
実際にはっきりとした原因は分かっていないのですが、この二つが有力だと言われています。
大人がするものは、飲食物を飲み込んだときや呼吸などが刺激となって起こりますが、赤ちゃんはまだ身体の機能が未熟なため、肺呼吸の訓練として起こります。

スポンサーリンク

胎児のしゃっくりの頻度が多かったり長かったりすると、妊婦さんは不安になってしまうと考えます。
ですが、頻度の多さや長さは特に気にする必要はなく、呼吸器のトレーニングとなっており、成長には必要不可欠な行動と考えて頂きたいです。
これが原因で何か悪影響が及んでいるわけではないので、安心して体を休めるようにしましょう。
ママさんの不安は赤ちゃんにも伝わってしまい、不安になりすぎてしまう方が、お腹の中にいる赤ちゃんには良くありません。
元気にすくすくと育っていっていると気楽に考えながら、胎動を感じていただきたいです。
初めての出産で不安な方は、ご自身が通っている産婦人科などに相談してみるのも良いと考えます。
産婦人科の医師はプロなので、一人で抱え込まずに相談しましょう。
また、インターネット環境のある方には、先輩のママさんの声を聞くのも共感できる事が多々あるので良いと考えます。
先輩のママさんの中には、お腹の中にいるときの赤ちゃんは一日中しゃっくりをしていたなどという声もあります。
自分の状況と照らし合わせて、先輩ママさんの声を聞いてみるのもよいかも知れません。

スポンサーリンク