新生児 しゃっくり げっぷ

新生児のしゃっくりをげっぷで治す

スポンサーリンク

生まれたばかりの新生児でも、目をみはるほどしっかりとしたしゃっくりをします。
人間の体から自然に起こる現象、例えば発汗や排泄、咳やあくび、呼吸といった生きていくために必要な機能は、新生児のうちから備わっているのです。
そういった機能の中でも、しゃっくりは大人以上の頻度で行います。
原因は大人と同様に、はっきりとしたものは分からないものの、何かしらの刺激によって引き起こされるものだと言われています。
特に、赤ちゃんは大人よりも敏感なので、ちょっとした身の回りの変化等が刺激になり、しゃっくりが出るのです。
それは気温の変化であったり、自分のオムツが濡れていることへの不快感であったりしますが、最も大きく考えられるのがミルクを飲んだ際の食道や胃への刺激です。
赤ちゃんがミルクを飲むと、飲み方からそれを消化する機能もまだ未発達で、食道や胃が活発に動こうとし大きな刺激となるのです。
そのため、赤ちゃん、特に新生児の頻度が多いと言えます。

スポンサーリンク

そして、その止め方についてですが、大人の場合の定番といえば、驚かすことです。
他にもご飯を飲み込んだりといった、幾つかの方法があります。
その一方で新生児が相手では、大人にするような手荒な真似はできません。
しかし、あまりにも頻繁に出るので、親としては早く止めてあげたいものです。
そこで有効なのは原因を知り、その元となる刺激を取り除いてやることです。
寒ければ赤ちゃんの周囲の温度調整をしてやります。
また、オムツが濡れているのであれば交換してやります。
そして、ミルクを飲み終えたあとのしゃっくりに対しては、早くげっぷを出させてやることが効果的です。
赤ちゃんを肩に抱き、背中をしたから上へ優しくさすってやったり、軽く叩いてやると、げっぷが出しやすくなります。
食道や胃に空気が貯まると、それが負担となって刺激物として残ってしまうので、赤ちゃん自身も機嫌が悪く、しゃっくりの回数や時間も長くなります。
大切なのは、その原因を見極め、適切な対処を行うことです。

スポンサーリンク