胎動 しゃっくり ダウン症

胎動でしゃっくりが激しいとダウン症という噂

スポンサーリンク

一般的に妊娠二十週頃から胎動を感じ始めます。
感じることによってより一層出産に向けて心の準備ができてくる時になります。
そして感じ方や種類も人それぞれですが、誰でもきちんと育ってくれているのか常に気になって仕方ない部分です。
昔から、胎動が弱いとダウン症という噂があります。
事実、この病気の子は一般的に筋力が弱いことが多く、そのため胎動も弱いと考えられています。
しかし、医学的にはこの関係性は全く根拠のない話です。
むしろ、激しかったという人も多くいて、それだけのことで判断はできません。
なので、あまり感じられなくても不安に思うことは基本的にありません。
それよりも心配しなくてはいけないことは、ずっと活発だった赤ちゃんが急に弱まってしまうことです。
これは胎内で何かが起きている可能性もありますし、赤ちゃんの生命力が弱まってきている証なので、早急に受診するようにしてください。
その変化は必ず見逃さないようにしければいけません。

スポンサーリンク

また胎動の種類でしゃっくりというものもあります。
なぜか、これが激しいとダウン症の疑いがあるという噂があります。
この場合についても医学的根拠は全くなく、本来はこの激しいとか弱いとかしゃっくりというのは赤ちゃんがきちんと成長してくれている証として受け取るものなので、この違いだけで病気を見極めようという方が間違っています。
妊娠中は神経質になりがちでいろんな情報を調べがちです。
しかし、それぞれにどの程度信ぴょう性があるのか、どこまで信じていいのか、という部分についてはあまり考えられていません。
ただ、その中で見聞きした情報だけを信じるというのはあまり得策ではありません。
何か不安であったり、自分の中で気づくことがあれば、それはインターネットの情報から答えを見つけ出すのではなくて、きちんと病院の医師に確認してください。
不確定な情報を信じて不安になるよりもずっと気持ちが楽になります。
何よりもお腹の中で一緒に過ごす時間はごくわずかですので悩むよりも楽しむことを考えてください。

スポンサーリンク