胎児 しゃっくり 障害

胎児のしゃっくりの原因と対策及び障害との関係性とは

スポンサーリンク

胎児のしゃっくりがおこる時期は妊娠において安定期に入った20週目あたりからが一般的だとされています。
原因は未だ解明されていない部分が多いです。
しかしながら、昨今の研究ではしゃっくりにおいて生理的要素が高いため、障害との因果関係がないものとされています。
また、しゃっくりを行う際に丸一日など長時間にわたり行っているケースや頻繁の行っているケース、またはほとんど行わないケースなど様々となっています。
しかしながら、どれもその胎児の個性としてとらえられています。
その中で主な原因と考えられているものには3つあります。
まず1つ目は羊水の中に混じっていた異物やごみを吐き出すために行っていることです。
2つ目は横隔膜を痙攣させることで胎外に出た時にスムーズな呼吸を行うための練習をしていることです。
3つ目は呼吸器の動きを整えるためです。
このように原因と考えられているものは様々なですが、本能的に必要とされている行為であるため、心配する必要がないものとされています。

スポンサーリンク

しかしながら、胎児のしゃっくりにおいて注意すべき点があります。
特におなかの中で「ひくひく」という動きを感じる位置がおへその上のあたりだと逆子の危険があるため、医療機関などで適切な診断および対策を行う必要があります。
なぜなら、正常な位置にいる場合は口の位置がおへその下のあたりにあたるからです。
また、このような胎児のしゃっくりの動きを止める効果的な対策は未だ考えられていません。
そのため、おなかに感じる動きを気にすることで母体がストレスをため込んでしまったり、心配するあまり精神を追い込んでしまうことがあるため、注意が必要となります。
このように母体がストレスを感じてしまい、不調を抱え込んでしまうことで胎児が障害や不調を抱えてしまう恐れがあります。
そのため、慌てることなく、落ち着いた生活を心がけることが重要となります。
そのために、普段から少しでも不安に感じ際には支えてくれる周りの人々や支援機関や医療機関に頼ることが大切です。

スポンサーリンク