妊娠 胎児 しゃっくり 頻繁

妊娠時胎児がしゃっくりを頻繁にする理由

スポンサーリンク

胎動とは少し違った感じで、ピクピクッと一定の速さで痙攣するような感覚が頻繁にあったりするのが、胎児のしゃっくりです。
胎児がしゃっくりをし始めるのは、個人差があるので一概には言えませんが、妊娠20週の5ヶ月からと言われています。
妊娠5ヶ月よりも早い時期から頻繁に感じる人もいますし、妊娠5ヶ月を過ぎても全く感じない人もいます。
1度もしゃっくりを感じない人もいるので、胎児がしゃっくりをしてもしなくても異常ではないので心配する必要はありません。
胎児がしゃっくりをする原因ですが、はっきりとわかっていません。
頻繁にするのは、お腹から出た時、肺呼吸しなければならないのでその練習だと言われていたりします。
あるいは、飲み込んだ羊水に混ざっていたごみを吐き出すために頻繁にしゃっくりをすると言われる説もあります。
どちらにしても、胎児が順調に成長している証です。
初めて感じた時はびっくりしますが、問題はありません。

スポンサーリンク

お腹の中で頻繁にあったり、長い時間していると心配になる方もおられると思いますが、全く問題はありません。
頻繁に長時間する子も少なくないみたいです。
赤ちゃんが元気な証拠なので心配しすぎないで下さいね。
場所ですが、へその下あたりや膀胱の近くという事が多いです。
へそあたりやへそよりも少し上だと逆子の場合があるようですが、赤ちゃんは、お腹の中でクルクル回っていたりするのでそこまで神経質ににならなくていいと思います。
が、心配なようならお医者さんに確認してみて下さいね。
一人目の妊娠ではほとんど感じなかったのに二人目の妊娠では沢山感じるという方もいます。
子供によって違ったりするようです。
初めての事だと気になってしょうがないと思いますが、どっしりと構えてその状況を楽しんでみて下さい。
そんな経験何度も出来ることではないので、何事も楽しむ気持ちを忘れないようにすれば、大変なこともあるでしょうが、思い切り楽しめると思います。

スポンサーリンク