胎児 しゃっくり どんな感じ

胎児のしゃっくりはどんな感じなのか

スポンサーリンク

人間の生理現象の中にしゃっくりがあります。
これは自分でコントロールすることができないようになっています。
したがって症状が現れるのをおさえたり、止めるということが難しくなっています。
これは大人だけではなく子供や胎児に同じようなことがいえます。
誰でもこのような経験をすることがありますが、なぜ発生するのかが気になります。
原因ははっきりとはわかっていませんが、考えられているのは次のようなこととなっています。
主な原因は脳卒中やアルコール中毒などの病気があります。
このほかには肺炎や気管支喘息が関係して発生するようになっています。
横隔膜への刺激によっても発生するようになっています。
これが一般的なしゃっくりの原因となっています。
また胎児も同じようにしゃっくりをすることがあります。
原因ははっきりとはわかっていませんが、生まれてきたときの呼吸のための練習と考えられています。
したがって成長の証拠として考えることができます。

スポンサーリンク

胎児のしゃっくりの原因として考えられているのが、肺呼吸の練習と横隔膜への刺激による痙攣となっています。
この他には飲み込んだ羊水の中に混ざっていたゴミを掃き出すためであったり、羊水が冷たいからというような理由があります。
胎児の肺や筋肉がしっかりと成長している証拠でもあります。
実際に母親はどんな感じを受け取るようになっているのかというと、胎動として感じるようになっています。
それはどんな感じなのかというと、一般的な胎動とは異なり、一定の動きでリズムを感じるという人が多くなっています。
具体的にはどんな感じなのかというと、トクントクンというようなリズムをうつようなものとなっています。
痙攣しているように感じるようになっているので、初めての妊娠という人は不思議に感じる人がほとんどとなっています。
お腹のどの位置に感じることが多くなっているのかというと、へその下や膀胱の近くというのが多くなっています。
しかし逆子の場合はへそよりも少し上となっています。

スポンサーリンク