胎児 しゃっくり 長い 原因

胎児のしゃっくりが長い原因

スポンサーリンク

妊娠をしたときには、お腹が大きくなるにつれて胎動を感じるという人が多くなっています。
胎動を感じるということは、赤ちゃんがしっかりと成長している証拠と考えることができます。
このなかで胎児がお腹の中でしゃっくりをすることがあります。
これは横隔膜が痙攣しているということが原因となっていますが、このほかには胎児が生まれてくる前に呼吸の練習をしているということも考えられています。
しかし原因がはっきりとしていないというのが現状です。
初めての妊娠や出産という人にとっては、体の少しの変化でも敏感になってしまいます。
その中でお腹が大きくなってくると胎動を感じるようになります。
また胎児の動きの中でしゃっくりをすることもあります。
これは一定のリズムをお腹に感じるようになっています。
しかしこれがあまりに長いときには心配になってしまいます。
あまりにも長いと赤ちゃんが苦しいのではないかと心配になってしまいます。
基本的には一度発生すると一定のリズムで数分間続くようになっています。

スポンサーリンク

またしゃっくりに関しては、長い場合には数十分間も続くことがあります。
胎児のしゃっくりが長いと赤ちゃんの成長に不安を感じてしまうということがありますが、とくに気にする必要はありません。
原因として考えられているのは、異物を排出したり呼吸器のトレーニングということになっています。
これは赤ちゃんの成長の際に必要なものとなっています。
したがって心配する必要がないのです。
あまりにも長いというときには不安になることがありますが、悪影響はありません。
対処法としては、止まるまで気長に待つということになります。
逆に母親が不安になることの方が赤ちゃんに悪影響となってしまいます。
お腹の中の赤ちゃんがしっかりと成長していると考えて、ゆったりと過ごすようにします。
胎動として感じる位置は、膀胱付近やへその下の部分が多くなっています。
この部分で一定のリズムで動きを感じるときには、赤ちゃんがしゃっくりをしていると考えるようにします。

スポンサーリンク