妊婦 胎児 ひゃっくり

妊婦さんが胎児のひゃっくりを感じたら

スポンサーリンク

妊婦さんが安定期に入ると胎動を感じるようになります。
はじめの頃は分かりにくいかもしれませんが、胎動が分かると母親としての自覚が増していきます。
そんな中で気になるのが胎児のひゃっくりです。
ひゃっくりはひくひくと連続してお腹が動きます。
原因は分かりませんが、羊水を飲んだ時に異物も一緒に飲んで吐いたときに起こったり、呼吸の仕方を練習してる為と言われてます。
ひゃっくりが長く感じることもあり、心配になる妊婦さんもいますが、肺などの呼吸器官が成長する為に必要なことなので心配しなくても良いです。
また、逆子の場合お腹の中心や脇腹で感じることが多いと聞きますが、胎児はスクスク成長してるので安心して過ごして下さい。
お腹の中で胎児は一生懸命練習してるので、長ければ長いほど頑張ってる証拠です。
話し掛けたりするともっと頑張ってしまうかもしれません。
生まれたときもお腹の中の影響で長くする子もいますが、心配はいりません。

スポンサーリンク

ひゃっくりのし過ぎで苦しいのかな、大丈夫かなと不安になる妊婦さんも中にはいます。
その不安がストレスになり、胎児に影響するときもあります。
対処法として、考え過ぎず気楽に構えるように心掛けましょう。
生まれた時に影響があると考える方もいますが、心配はいりません。
ひゃっくりは病気ではないですし、自然ととまるものです。
大人も同じようにしばらくしたらとまるので気長に待ちましょう。
逆に少ない子もいます。
少ないと心配になる妊婦さんもいますが、一人一人個性があるので問題はないです。
聞こえない時が続く場合は様子を見た方がいいですけど、それ以外は気にしなくても良いです。
特に初産婦さんは何かと敏感になりますが、心配せずマタニティライフを楽しんで欲しいです。
胎児が元気に成長してる間は一緒に楽しんでもらいたいものですので、心配なことも多いけどのびのびと過ごしてもらいたいです。
ひゃっくりが続いたら病気を心配せず、頑張ってることを褒めてあげたいですね。

スポンサーリンク