新生児 赤ちゃん しゃっくり 授乳中

新生児の赤ちゃんは授乳中しゃっくりを出す?

スポンサーリンク

新生児の赤ちゃんは、しゃっくりを出しやすいです。
新生児の赤ちゃんは、横隔膜がまだまだ成長途中ですので、ちょっとしたことで横隔膜が反応してしまいしゃっくりにつながるのです。
ですので、しゃっくりが頻繁に出ているからといってあまり心配になりすぎなくても大丈夫なのです。
そして、赤ちゃんのしゃっくりにはだいたい二つの原因があります。
まず一つ目は、授乳中などにミルクやおっぱいを飲んだ時に発生しやすいことです。
そして、二つ目は体温の変化などが関係しています。
赤ちゃんは、授乳中以外にもおむつがぬれたり、体が冷えてしまったりしたときなどにもしゃっくりがでることがあります。
新生児のあかちゃんは大人よりもとても苦しそうにしているかもしれませんが、あまり心配しなくてもあかちゃんはそんなに苦しんでいませんので、大丈夫です。
ですので、すごくおだやかな気持ちで落ち着くまで待っていてあげても大丈夫だと思います。
よっぽど苦しそうじゃない限りは大丈夫なのです。

スポンサーリンク

また、授乳中にしゃっくりが出始めても慌てて止める必要はありません。
あかちゃんが苦しそうじゃなければ、そのまま続けても大丈夫ですし、そのまま母乳を与え続けていたら自然ととまったりするということはよくあることです。
授乳中の原因は胃や食道が刺激されたか、母乳を吸うときに空気を一緒に吸い込んだかなどがあります。
ですが、母乳で育てている場合お母さんが食べたものや飲んだものがそのまま原因になっている可能性もあるのです。
よほど気になるお母さんたちは食べ物で言いますと、乳製品を控えることをおススメします。
また、乳製品以外で考えられるものといいますと、小麦、チョコレート、卵、かんきつ類、大豆製品、カフェインなどがあげられます。
そして、どうしても止めたいというお母さんたちにおススメの方法が、赤ちゃんの状態を高くして背中を優しくさすったりしてみると、あっという間に止まったということもあります。
また、おむつなどを変えてあげると止まったりもします。

スポンサーリンク