新生児 授乳後 毎回 しゃっくり

新生児の授乳後の毎回のしゃっくり

スポンサーリンク

赤ちゃんを育てるということは非常に大変なことです。
寝かしつけたりおむつを交換するというようなことがありますが、この他に授乳をするということも非常に大切なこととなります。
その中で気になるのが、新生児が授乳後に毎回しゃっくりをするということです。
新生児は大人と比べると、毎回のようにしゃっくりを繰り替えることがあります。
授乳後毎回しゃっくりを繰り返すというような新生児に非常に心配してしまうというような人もいます。
しゃっくりというのは、横隔膜が痙攣しているということが原因となっています。
授乳の際に一緒の空気を飲み込んでしまい、その結果横隔膜の周辺を圧迫してしまいます。
これが横隔膜の痙攣の原因となっています。
授乳後長時間続くというようなこともありますが、大人のように苦しんでいるということが少ないです。
このような体の様子の変化に驚いているということが多くなっています。
2時間から3時間止まらないこともありますが、病気ではありません。

スポンサーリンク

生まれてからしばらくの間は、赤ちゃんは母乳を飲む量を自分で調節するということができません。
したがってほとんどが飲み過ぎの状態となっています。
飲み方も上手ではないので、空気を一緒に飲み込んでしまうというのも珍しいことではありません。
その結果お腹が膨らんで横隔膜やみぞおちを圧迫してしまうということになります。
このときに横隔膜が痙攣するようになっていますが、これがしゃっくりの原因となっています。
ここでどのような対処法があるのかというと、少しでも症状を改善するために、授乳後にしっかりとゲップを出してあげるようにします。
うつぶせにしたり泣かせるというような方法もあります。
またしゃっくりが出たときには次のような対処法があります。
それはミルクや母乳を少し飲ませます。
縦抱きにしてゲップを出すように背中をたたきます。
また温めたタオルをみぞおち付近に置くようにします。
おむつを交換するようにします。
このようないくつかの対策があります。

スポンサーリンク