新生児 しゃっくり ミルクの後

新生児のミルクの後のしゃっくり

スポンサーリンク

可愛らしい生まれたての赤ちゃんですが、妊娠中には想像もしていなかったようなトラブルが毎日山のようにおこるものです。
大人ならなんてことない事でも「これは病気のサインじゃないのか」「そのままにしていていいものなのか」と悩みはつきませんよね。
新生児のしゃっくりもその一つです。
ミルクの後にしゃっくりをしはじめてなかなか止まらない、あまり続くと大人でも心臓に負担がかかるとも言われるし、何より苦しいのではないかと心配になってしまうことがあるのではないでしょうか。
実は赤ちゃんは、胎児の頃から頻繁にしゃっくりをしているものなのです。
お腹にいる時に定期的にピクピクした動きを感じた方も多いのではないでしょうか。
これは羊水と一緒に飲んだ異物を排出しようとしている動きとも、肺呼吸のトレーニングとも言われ、どんな子でもおこっている事なのです。
新生児がミルクの後にしゃっくりをしやすいのは、まだ生まれたてでミルクを飲むのに慣れていないせいで、一緒に空気を飲みやすいからなんだそうです。
大人が想像するより苦しくないと言われていますし、一生懸命外の世界に慣れようとしている証かと思えば可愛らしく感じますよね。

スポンサーリンク

新生児のミルクの後のしゃっくりには他にも原因がある可能性があります。
新生児というのはご存じの通り飲めば出るもの、オムツが濡れて身体が冷えていると出やすくなるのです。
おかしいなと思ったらまずチェックしてみて下さい。
新生児のしゃっくりで他に原因が見つからない場合は身体が冷えている事も多いです。
オムツが綺麗なら少し温めてあげたり、縦にだっこしてげっぷさせる時のように身体を軽く叩いたり、優しくさすったりしてあげても良いでしょう。
何より新生児はまだまだお母さんと半分身体が繋がっているようなもの、お母さんの精神状態にはとても敏感です。
あまりにも様子がおかしいようなら病院に相談も考えたほうがいいかもしれませんが、ほとんどの場合何もしなくても自然になおりますし苦しくもないものなので、お母さんはあまり神経質にならず、ゆったり優しく見守ってあげたほうが赤ちゃんも安心して落ち着くでしょう。
成長とともにだんだん減っていくものなのであまり気にせず、子供との生活を楽しんで下さい。

スポンサーリンク