新生児 しゃっくり 泣く 対処法

新生児がしゃっくりで泣く時の対処法

スポンサーリンク

赤ちゃんを育てているときには、わからないことがたくさんあります。
大人でも見られることとなっていますが、赤ちゃんでもしゃっくりをするようになっています。
これは人間の生理現象となっているので、自分で止めるということができません。
新生児がしゃっくりをすることが多くなっていますが、何が原因となっているのかが気になります。
あまりにも頻繁に発生するということで、どのように対処をすればいいのかわからないという人もいます。
また新生児が吐いたり泣くというような症状を伴うこともあります。
吐いたり泣くというようなことに対する対処法をしっかりと頭に入れておくようにします。
新生児は実際母親のお腹の中にいるときからしゃっくりをしていると考えられています。
なぜこのような様子が見られるのかというと、それは肺呼吸の練習をしているからです。
妊娠中は羊水の中に入っているということで、外に出たときに上手に呼吸をすることができるように練習をしているのです。

スポンサーリンク

妊娠中にお腹を触るということがありますが、このときに一定のリズムで動きを感じるというようなときには、胎児がしゃっくりをしていると考えることができます。
またお腹の中でのこのような様子は、出産をした後にも見られるようになっています。
考えられる原因としては、横隔膜が発達していないということで、少しの刺激で痙攣を引き起こすようになっています。
この少しの刺激となっているのが、授乳の際の空気や食べ過ぎや飲み過ぎとなります。
この他には濡れたおむつなどになります。
またしゃっくりと同時に泣くというような症状が見られるときには、次のような対処法を行います。
それは赤ちゃん本人が驚いている可能性もあるので泣くのです。
このときには落ち着かせるように背中を優しくとんとんとたたくようにします。
外に連れて行ったりというように気分転換をさせます。
小さな体で体が大きく動いているので、苦しそうと感じることがありますが、実際にはそれほど苦しいということはありません。

スポンサーリンク