乳幼児 しゃっくり 吐く 原因 対処法

乳幼児がしゃっくりをして吐く原因と対処法

スポンサーリンク

乳幼児は大人と比べると吐くことが多いものです。
また、ミルクを飲んだときにしゃっくりが起こることもよくあります。
しゃっくりが起こるのは横隔膜という胸とお腹の間にある薄い筋肉の膜が痙攣することが原因です。
乳幼児の体はとても小さく、ちょっとした刺激で横隔膜が痙攣を起こしてしまうのです。
しかし痙攣といっても横隔膜の場合は心配することはありません。
大人でも食事の後にげっぷが出損なったりしたことがきっかけでしゃっくりが起こることがあります。
赤ちゃんの場合もミルクを飲んだ後にはお母さんが背中をトントンと軽く叩いてげっぷを出させてあげますが、うまくげっぷが出ないとしゃっくりになることがあります。
げっぷが出ないとミルクと一緒にお腹に入った空気がうまく抜けないため、同時に吐くこともあります。
大人の場合は吐くと相当に体調が悪いと思われて心配になるものですが、乳幼児がそのようにして吐くのはごく一般的なことなので心配する必要はありません。

スポンサーリンク

乳幼児がしゃっくりをして同時に吐くときは、おもにミルクの飲み方に原因があります。
ミルクを飲ませるときは首の角度が縦に傾きすぎたり横になりすぎたりしないように気をつけましょう。
ほ乳瓶でミルクを与える場合は、ほ乳瓶の角度が45度くらいになるようにするとうまくいきます。
それでも飲んだミルクを吐いてしまったときは、いったん休憩して様子を見ます。
ここで注意しなくてはならないのはミルクや吐き出した物をのどに詰めてしまわないようにするということです。
気になるときは対処法として、乳幼児の体を横向きに寝かせてしばらく目を離さないようにしましょう。
大人の場合、吐いた後は気持ちが悪くてとても食事を続ける気になれないことがほとんどですが、乳幼児の場合は本能的に体がエネルギーを必要とするため吐いた後でもミルクをほしがることがあります。
そのようなときはミルクを与えてかまいません。
成長するにしたがって、だんだんしゃっくりや吐くことなしに食事ができるようになります。

スポンサーリンク