赤ちゃん 寝ながらしゃっくり 原因 対処法

赤ちゃんが寝ながらしゃっくりする原因と対処法

スポンサーリンク

妊娠や出産を経験した後には、子育てという大切な仕事が待っています。
とくに初めての経験という人は、毎日が不安でいっぱいです。
しかし赤ちゃんも小さな体でしっかりと成長をしているので、ゆったりとした気分で子育てをするということが大切になります。
毎日の生活の中で、少しの変化にも敏感になってしまいますが、ここで赤ちゃんがしゃっくりをするというようなことがあります。
授乳後にしゃっくりをするというようなことが多くなっていますが、小さな体が大きく動くようになっているので、非常に心配になってしまうというのも仕方がありません。
しかし気がつけば症状が治まっているということも多くなっています。
赤ちゃんはしゃっくりが頻繁に出るようになっています。
ここではいくつかの原因が考えられていますが、赤ちゃんは横隔膜が未発達であるということで、ここが痙攣することで症状が現れるようになっています。
寝ながらしゃっくりをすることもあります。

スポンサーリンク

寝ながらしゃっくりをするというようなときには、呼吸が苦しいのではないかと心配になる人もいます。
しかし実際のところ寝ながらしゃっくりをしていても体が苦しいということはありません。
どうしても心配になるという人は対処法があります。
それは次のようになっています。
まずは体を温めるようにします。
体が冷えているとしゃっくりが出やすいようになっています。
温めたタオルをみぞおち付近に置くと効果があります。
この他には抱っこをして体を温めるという方法もあります。
また母乳やミルクを与えることで症状を抑えることができます。
母乳を飲ませたりミルクを飲ませることで、症状が落ち着きます。
大人がしゃっくりを止めるときに一気に水を飲むということがありますが、考え方はこれと同じとなっています。
抱っこをして背中を優しくたたくという方法もあります。
これは授乳後のゲップを出すときと同じ方法となっています。
おしっこが出ておむつが濡れるとしゃっくりが出ることもあるので、こまめに交換するようにします。

スポンサーリンク