赤ちゃん 笑う しゃっくり 止め方

赤ちゃんが笑うと出るしゃっくりの止め方

スポンサーリンク

生まれたばかりの赤ちゃんは、しゃっくりが出やすいようになっています。
また生後3ヶ月くらいまでの赤ちゃんは、笑うとしゃっくりが出ることがあります。
なぜこのような症状が体に現れるようになっているのかというと、これは横隔膜が痙攣を引き起こしているからとなっています。
赤ちゃんは横隔膜がしっかりと発達していないということで、痙攣しやすくなっていると考えられています。
小さなな子供にはよく見られる症状となっています。
人間は笑うということをよくしますが、笑う際にはこの横隔膜が刺激されています。
この横隔膜が刺激されることが、痙攣へとつながっています。
したがって何か大きな病気が影響しているということはありません。
体調面で症状が発生しているということではないのです。
これは元気なときにもよく見られる症状となっています。
したがって成長の過程で当たり前のこととして考えるようにします。
しかししゃっくりが出るとなかなか止まらないということがあります。

スポンサーリンク

赤ちゃんの場合は一度発生するとなかなかとめることができないので、苦しいのではないかと心配になってしまう人がいます。
このような場合の止め方としては次のような方法があります。
笑った後に出てきたしゃっくりの止め方としては、水などを飲ませて落ち着かせるようにします。
水を飲ませることで、横隔膜の痙攣が止まると考えられています。
生後3ヶ月を過ぎると、平均的に自然に症状が治まるというように考えられていますが、どうしても気になるというようなときには止め方を実践するようにします。
この他の止め方としては、ミルクや白湯などを飲ませるようにします。
授乳後に発生したというような場合には、誤飲する可能性もあるので、上半身を高くして、縦抱きなどを行って背中を優しくたたくようにします。
このときにおむつが濡れていないかも同時に確認しておくようにします。
2時間から3時間止まらないというのは珍しいことではありません。
自然現象なのであまり心配しすぎないようにします。

スポンサーリンク