しゃっくり 原理 対処法

しゃっくりの原理と対処法

スポンサーリンク

しゃっくりが起きると中々止まらないで、困った事がある人は多いです。
誰にでも起きる症状ですが、意外とその原理は知られておりません。
そこで、原理を理解してその対処法について解説します。
一般的に起こっているしゃっくりは、横隔膜が痙攣する事で起きます。
横隔膜の痙攣は、横隔膜の周辺が刺激される事が要因です。
健康な状態でも起きます。
通常は自然に治まりますが、中には2日以上経っても治まらない場合もあります。
しゃっくりは他にも中枢性、末梢性といったタイプがあります。
中枢性は、中枢神経が刺激される事で起こります。
脳卒中を患ってると起こり易いです。
末梢性は、中枢神経の延長にある末梢神経が刺激されて起こる症状です。
喘息などで起こる場合があります。
このように原理を理解したうえで、自分に合った対処法を行うと良いです。
健康な人はどんな対処法でも良いかもしれませんが、病気を患ってる人は体の調子に気をつける必要があるからです。

スポンサーリンク

しゃっくりの対処法は、たくさんあります。
ここでは数パターン紹介します。
まず最初に紹介する対処法は、息をたくさん吸い続けた後息を数秒止めて、その後ゆっくり吐く事です。
これは最も知られている方法です。
息を吸う事で横隔膜が下がります。
息が肺に充満しますと、横隔膜は動かなくなり痙攣が治まっていくのです。
次に紹介する対処法は、驚く事です。
これもよく知られております。
驚くという行為によって、横隔膜を刺激してしゃっくりが止まる原理です。
ある程度大きな驚きを与えないといけないので、少し難易度が高いかもしれません。
続いて紹介するのは、横隔膜の辺りを両手で抑えて痙攣を落ち着かせる行為です。
体の外から刺激を抑える事が可能です。
息を止める行為とセットで行うとより効果的です。
指を耳に入れる方法も効果的です。
約20〜30秒程度指を耳に入れた状態を保ちます。
その後、一気に指を抜きます。

この行為によって神経が刺激されてしゃっくりが止まります。

スポンサーリンク