しゃっくり 繰り返す 原因

しゃっくりを繰り返す原因

スポンサーリンク

しゃっくりは突然起きることがほとんどで、なかなか止まらないことで困惑します。
自宅でくつろいでいるときならまだしも、仕事中や人と会っているときに起きると不都合なことになります。
しゃっくりを繰り返す原因は何かの拍子で横隔膜が刺激を受けたことで、横隔膜が震えて声帯が縮み空気が吸収されることで起こるのです。
しゃっくりを繰り返すことがあってもおおかたの場合は、一時的なものでしばらくするとおさまることがほとんどです。
しかし頻繁に起こったり長い時間にわたって止まらないような場合は、気をつけることが必要です。
頻繁に起きるときの原因は、食べ過ぎや飲み過ぎで胃などの臓器に異常が起きて横隔膜を刺激している可能性があるからです。
横隔膜は筋肉なので冷えると硬直して痙攣することがあるので、飲酒は控えめにします。
大笑いすることで横隔膜が刺激され痙攣が起きることもあるので気をつけるようにします。
また突然驚かされることでしゃっくりが起きることもあります。

スポンサーリンク

しゃっくりを繰り返す原因が一過性のものではなく、他の原因で横隔膜を刺激していて起きる場合は悪性腫瘍ができていることがあるので、速やかに医師の診察を受けるのが安心です。
乳幼児が繰り返す原因は、横隔膜の発達が未熟なことから起きるいることがほとんどなので過剰反応する必要はないです。
肺炎や肺癌などの肺の病気が原因で止まらないときは、咳が止まらないことを伴っている場合があるので医師に相談して指示を受けるのがベストです。
また胃がんや食道がんなどはほとんど自覚症状がないのでわかりにくいのです。
あまり食欲がなかったり胃がムカムカするような症状を伴うときは、医師の指示を仰ぐようにします。
さらに脳に疾患があると横隔膜への伝達がスムーズにいかずにしゃっくりが止まらなくなることがあります。
他に視力障害や頭痛などを併発していないか注意深く観察し、病院で診察を受けるようにします。
飲み過ぎ食べ過ぎなどの一過性のものはすぐに収まりますが、長期にわたって止まらないときは病院で診察を受けることが大事です。

スポンサーリンク