しゃっくり 一日 何度も 原因

しゃっくりが一日に何度も出る原因

スポンサーリンク

特に何もしていないのに話していたら急にしゃっくりが出る、という事は誰もが経験する事でしょう。
また、1度出ると一日に何度も出てしまう、という場合もあります。
しゃっくりの原因は、『横隔膜の痙攣』と言われています。
肺と胃の間にある筋肉の横隔膜が、何らかの刺激により痙攣を起こす事で起きると言えます。
この横隔膜への刺激は様々ですが、多く見られるのが早食いや食べ過ぎたりした後の胃への刺激です。
横隔膜と胃は繋がっているので、胃が刺激を感じると横隔膜も感じます。
それが痙攣して症状が起こる原因となります。
一日に何度もしゃっくりを起こす場合、普段の食事やアルコールなど、胃への負担になる生活が考えられます。
この場合は自分で意識して気をつける事で、症状の改善が出来ますが、中には臓器系や神経系の病気の可能性もあります。
頻繁に起こり、なかなか止まらず2日以上続くといった場合は専門医で診てもらいましょう。
しゃっくりは自然に治るものが一般的なので、長時間続く場合は病気の可能性を疑う事も必要です。

スポンサーリンク

仕事中や人と話している時に症状が出ると、困ってしまう方も居ます。
一般的には時間が経てば引くものですが、すぐに抑えたいという場合は原因である横隔膜の痙攣を抑える事が大切です。
効果的な方法として、強い呼吸を繰り返す事です。
横隔膜は息を吸う事で肺に空気を溜めて下がる傾向があり、息を吐くと肺の空気が減り上がる傾向があります。
痙攣している状態を正常に戻すためには、息を出来るだけ全部吐き切ります。
次にゆっくり大きく吸い込み、横隔膜の痙攣を落ち着かせるようにしましょう。
また息を止めて横隔膜の痙攣を抑えたり、ツボなどを利用する方法もあります。
一般的なしゃっくりなら、これらの方法で止める事は可能です。
しかし一日に何度も起こる症状については、胃炎や食道炎、脳梗塞など様々な病気の可能性も否めません。
慢性的に起こる場合は専門医で診察を受け、原因を突き止めましょう。
また普段から暴飲暴食を避け、アルコールなど内臓に負担をかける事を控える事で予防が可能です。

スポンサーリンク