しゃっくり 大きい 原因 対処法

しゃっくりの原因と音が大きい時の対処法

スポンサーリンク

しゃっくりの音が異常に大きい場合、周りが気になってしゃっくりも出来ないなんていう事もあります。
しかししゃっくりの音は個人差があり、肺活量などが関わっているためあまり気にする必要はありません。
一般的に自然と放っておいても治るものが多く、原因としては横隔膜が刺激され痙攣を起こした状態と考えられます。
頻繁に起こし長い時間止まらないといった場合は、中枢神経や臓器などの異常が原因の場合もあるので、専門医での診察が必要です。
しゃっくりの音が大きいと、早く止めたいと思うものです。
一般的には横隔膜の痙攣が原因なので、まずは横隔膜の動きを正常に戻す事が大切です。
音が大きいだけでなく、頻繁に起こり持続性があるといった場合、横隔膜ではなく中枢神経への刺激、末梢神経への刺激などが考えられます。
これらを放っておくと、脳梗塞や肺炎などの病気を悪化させるため早めの対処が必要です。
不自然な症状が起きたら、専門医に診てもらいましょう。

スポンサーリンク

大きい音のしゃっくりは、周りが気になって早く止めたいと考える方も多いでしょう。
効果的なのは、大きな呼吸を繰り返す事だと言われています。
また息を止めたり、効果的なツボを押したりと、人によって止める対処法はたくさんあります。
中には効果がないものもあるため、自分に合う対処法を探す事が大切です。
一般的には息を大きく吐いて、大きく吸うといった呼吸方法が一番効果的だとされています。
これは横隔膜の動きを正常に戻す効果があるので、理にかなっていて多く利用される方法です。
しゃっくりの音が大きくて気になる場合は、原因である横隔膜の痙攣を治して早めに止めるようにしましょう。
自然現象のひとつなので気にする事はありませんが、予防策としては食事を早く食べない、満腹になるまで食べない、アルコールなど刺激物を控えるなど生活習慣の改善が効果的です。
胃への負担が横隔膜の痙攣に繋がるので、なるべく胃に刺激を与えないようにしてください。
また止めようとしてもなかなか止まらない、頻繁に起こる場合は、速やかに専門医で横隔膜以外の原因がないか確認する事が大切です。

スポンサーリンク