新生児 しゃっくり 大きい 対処法

新生児の大きいしゃっくりへの対処法

スポンサーリンク

初めての出産や子育ての時には、たくさんのことが不安になってしまいます。
新生児の一つ一つの様子や変化に敏感になってしまいます。
このような中で非常に驚いてしまうのが新生児のしゃっくりになります。
大人のしゃっくりと比べると大きいと感じる人が多くなっています。
それは小さな体で横隔膜が大きく痙攣しているからなのです。
したがって大きいと感じる人が多くなっています。
新生児のしゃっくりに関してどのような仕組みになっているのかがわからないという人がいますが、この時期は頻繁にしゃっくりをします。
とくに生まれたばかりの時期は多くなっています。
人間の体の生理現象ということで、止めることはできません。
これは横隔膜の痙攣によって発生するようになっています。
またこの時期になぜ頻繁に発生するようになっているのかというと、それは横隔膜がしっかりと発達していないということで、発生しやすいと考えられています。
しかし頻繁に見られるからと行って心配することはありません。

スポンサーリンク

大きいしゃっくりが出ても、新生児はそれほど苦しいと感じていないのです。
しかし大きなしゃっくりが出ている間は非常に気になってしまいます。
このようなときの対処法としては、体を温めるという方法があります。
体が冷えている時は発生しやすいと考えられています。
したがって症状が出始めたときには、体を温めるようにします。
そのときの方法としては、38度程度に温めたお湯にタオルを浸して、しっかりと絞ります。
これを横隔膜があるみぞおちの付近において温めるというようにします。
この他の対処法としては、ミルクを飲ませるというものがあります。
体を温めても症状が改善しないという場合には、ミルクを飲ませるようにします。
これで多くの場合止まるようになっています。
ミルク以外にお茶や湯冷ましを飲ませるという方法もありますが、新生児の場合はミルクが一番の方法となります。
この他には背中を優しくたたいたり、おむつを交換することで症状が治まることがあります。

スポンサーリンク