しゃっくり 耳 痛い なぜ 原因

しゃっくりで耳が痛いのはなぜ?その原因

スポンサーリンク

人間は、生きている中で体にさまざまな生理現象を感じることがあります。
その中の一つにしゃっくりがあります。
人間にはたくさんの生理現象が起こるようになっていますが、これらはほとんど自分では調節をすることができません。
しゃっくりも自分では調節することができない機能の一つとなっています。
またこれは高い頻度で発生するようになっています。
食事をする際に早く飲み込んだときに症状が現れるようになっています。
なぜこのような症状が体に現れるようになっているのかというと、それはお腹の中にある横隔膜という部分が、痙攣を引き起こしているからなのです。
またなぜこのように体に症状が現れるのかというと、それは痙攣と同時に胸郭が動くようになっているからと考えることができます。
このように頻繁に発生するものとなっていますが、横隔膜が痙攣をしているだけで、とくに痛みを感じるというようなことはありません。
しかし中には耳が痛いというような症状を感じることがあります。

スポンサーリンク

なぜしゃっくりをした後に耳が痛いと感じることがあるのかというと、横隔膜と耳との関係にあります。
横隔膜と耳の間には、解剖学的なつながりはありません。
したがってこの点からは、痛いということと関係がないと考えることができます。
ここで考えられることは、何らかの病気が関係しているとことになります。
痛みの原因として考えられるのは、中耳炎があります。
これはどのような世代にも発症することがあります。
その中でもとくに子供への発症が多くなっています。
それはなぜなのかというと、大人よりも機能が未熟であるということで、免疫力がしっかりとしていないからです。
したがって子供は大人よりも風邪をひきやすくなっています。
体にどのような症状が現れるようになっているのかというと、それは熱や痛みが多くなっています。
しかし症状が軽いときには、はっきりとしたものを感じることができません。
ここでしゃっくりが発生すると、急に内圧が高くなるということで、痛みが発生するようになっています。

スポンサーリンク