しゃっくり よく出る すぐ止まる 方法

よく出るしゃっくりがすぐ止まる方法

スポンサーリンク

しゃっくりとは何らかの原因で横隔膜が痙攣することで起きる身体の反射運動です。
その原因は人によって時によって異なります。
まず横隔膜とは肺の下にある筋肉のことで、それが上下に動くことによって肺が膨らんだり縮んだりして呼吸ができるのです。
そして横隔膜の痙攣が起こる原因は、横隔膜やその周辺組織への何かの刺激で起こります。
刺激が与えられると呼吸が不規則になり、痙攣のたびに息が肺に急激に吸い込まれます。
しゃっくりがよく出る原因としてはさまざまなものがあります。
アルコールや食事などによる胃への刺激やストレスや疲れ、喫煙などといった生活習慣によるものもあります。
一般的に横隔膜の痙攣によるものであればすぐ止まるということもありますが、長時間続くようであれば、ストレスや他の病気が原因ということも考えられます。
なかなか止まらず、その他に身体症状がでてきたり、心配であれば病院の受診を検討してみるのもひとつの考えです。

スポンサーリンク

日常よく出るしゃっくりをすぐ止まる様にする方法も人それぞれですので、ご自分にあった方法を選択していく必要があります。
よく言われる方法としては、息を止めるという方法です。
これは限界まで息を吸い込んで止め、吐くときはゆっくりと吐いていきます。
この方法であれば、学校や会社でも他の人に気づかれずにできますので恥ずかしい思いなどする必要がありません。
他には、コップに水を入れて反対側のふちから飲む方法です。
水を飲むときはコップを傾けるのではなく、身体を前に傾けて水を吸い込むように飲みます。
その他色々な方法がありますが、すぐ止まる方法として簡単にいつでもできるものを紹介しました。
それでもよく出るしゃっくりがなかなか止まらない場合は、生活習慣を見直してみるか、48時間以上続いている、または1ヶ月以上続いている場合には早めに内科の受診をするようにしてください。

スポンサーリンク