しゃっくり 止め方 大豆

しゃっくりの止め方「大豆!」

スポンサーリンク

しゃっくりが突然出てきて困ってしまったなどという経験をした人は非常に多いはずです。
そういう時に様々な止め方を試すことがあります。
よく言われるのは呪文やおまじないのような言葉を唱えると止まるという方法です。
有名な方法に大豆と言うと止まるということがあります。
根拠はよく分かっていませんが、この方法で止まるといわれていることは確かです。
他にもむらさきと言ったり、黄色と言ったりすることもあります。
しかし、そのどれもが質問に対して答えるという形式を取らないと止まらないと言われています。
実際には言葉自体の意味よりも「豆腐の原料は?」と聞かれて「大豆!」と答えることでしゃっくり以外に気持ちがそれて止まるということが考えられます。
突拍子もないことを突然に聞くことで精神的にびっくりしてしまうことが原因になっているという説もあります。
大事なことは突然に聞くということです。
意外性があるから効果が出てきます。
聞かれることが分かっていても効果は期待出来ないといえます。

スポンサーリンク

しゃっくりは自分の意思とは関係なく突然に出てきます。
静かにしていなければいけないシチュエーションでいきなり出てしまうと困ってしまいます。
そういう時には適切な止め方を知っておくことが大切です。
しゃっくりは横隔膜が痙攣することで起こります。
横隔膜が痙攣すると空気が急に吸い込まれて大きな音になります。
大豆と言う止め方の他にも多くの民間療法があります。
代表的なところではびっくりさせる方法や息を止める方法、それにゆっくりと深呼吸するなどがあります。
それぞれに効果があるといわれています。
自分にあった方法を覚えておくといざというときに困らずに済みます。
様々な民間療法があって実践されています。
いずれの方法も横隔膜の痙攣を何かのきっかけで止めようとするものです。
びっくりさせたり、大豆というのは気をそらし、息を止めるやゆっくり息を吸うというアプローチは呼吸を整えることで横隔膜の動きをコントロールしようとする方法です。

スポンサーリンク