妊娠33週 妊娠34週 しゃっくり

妊娠33週や妊娠34週のしゃっくり

スポンサーリンク

女性は妊娠をすると、体にさまざまな変化を感じるようになっています。
その中で胎児が大きくなってくると、胎動を感じるようになってきます。
妊娠33週や妊娠34週というようなときには、胎動をよく感じるようになったり、胎児の体の一部分に触れることができるというようなこともあります。
妊娠33週や妊娠34週の頃に多く感じるようになる胎動ですが、胎動とは胎児が母親のお腹で動いている状態のことを言います。
胎動には個人差がありますが、母親によって自覚をする時期に違いがあると考えられています。
基本的に妊娠初期に感じることは少なくなっていますが、実際には妊娠初期から体を動かしているのです。
検診で超音波が行われることがありますが、その様子ははっきりとわかりません。
しかし時期がよければ、動いているところを確認することができます。
お腹に手を当ててみると感じるようになっています。
妊娠33週や妊娠34週になると、胎動は強くなっていきます。

スポンサーリンク

妊娠33週から妊娠34週の頃に胎児が痙攣をしているということがあります。
これはしゃっくりのことになります。
なぜしゃっくりをしているのかというと、それは赤ちゃんがお腹から出てくる前に呼吸の練習をしていると考えられています。
すなわちしゃっくりは、赤ちゃんが呼吸の練習をするときに必要なこととなっています。
しゃっくりは横隔膜に関係しています。
横隔膜を動かすことで肺に空気が入ったり出たりするようになっています。
お腹が規則的に動いているということがありますが、これは赤ちゃんがしゃっくりをしていると考えられています。
横隔膜の呼吸と関係しているということで、痙攣が胎動として感じられるようになっています。
胸とお腹の間にある横隔膜の痙攣が原因と考えられていますが、この膜が上下に動くことで、肺に空気が入ったり出たりしています。
妊娠中期から痙攣をしているのを感じるという人もいれば、実際には胎児の頃から始まり、お腹から出てきて新生児の頃まで続きます。

スポンサーリンク