妊娠31週 しゃっくり 理由

妊娠31週でしゃっくりを感じる理由

スポンサーリンク

妊娠中胎児は様々な動きをお腹の中で行います。
特に妊娠31週頃からは動きがよりわかりやすくなります。
その理由として、妊娠31週にもなれば月数で妊娠8か月といった数え方になります。
妊娠8か月は妊娠の後期に入るころにあたるからです。
赤ちゃんの動きは様々です。
その中でもしゃっくりに関しては、だいたい妊娠20週のあたりから始めることがわかっています。
もちろん赤ちゃんによって個人差はあるので一概には言い切れません。
ですが、必ずしもお腹にいるときはしゃっくりを行うのです。
このようなことを行う理由として考えられているのは、まだはっきりとはわかっていません。
ですが、羊水を飲んでしまったり、異物を吐き出すために行っているといわれています。
また、産まれてからの呼吸の練習をしているともいわれているのです。
そのため心配は必要ないのです。
ですので、しゃっくりが長くても大丈夫ですし、頻度が多くても全く気にする必要がないのです。

スポンサーリンク

また、妊娠31週になると、よりしゃっくりを感じやすくなり、お腹がぴくぴくしたり、痙攣したような感じになります。
しかし、これらの症状もしゃっくりを行っている証拠であるので心配いらないのです。
むしろ、赤ちゃんがお母さんとコミュニケーションを図ろうとしている動きでもあるので頻繁にお腹の動きを感じたら、お腹をさすったりしてお母さん側も反応してあげると良いと考えられます。
それから、妊娠中しゃっくりを全く感じなかった、というお母さんもいます。
こういった方も心配になると思いますが、全く心配する必要はありません。
感じなくても赤ちゃんはしっかりと行っていることが多いです。
ですので、感じないからといって悩みすぎるのは良くないでしょう。
妊娠後期は出産に向けてあと少しのところです。
そのため、赤ちゃんが様々な動きを起こします。
ですが、あまり気にしないでリラックスして出産に向けて体調を整えることが重要であると考えられます。

スポンサーリンク