しやつくりの止め方 方法

しやつくりの止め方・方法は?

スポンサーリンク

しやつくりとは横隔膜の痙攣であり、そこから起きる体の反射活動です。
原因は分かっていてもあの身体が突然びくっとしたり、本人が意識せず出る奇声には状況によって困ったりすることもあり、何より不快感を感じる人が多いのではないでしょうか。
そこでしやつくりの止め方についてですが、まず古典的で思い浮かぶ人も多いと思われるのが驚かせる、という方法ですが、こちらも一概に間違っているとは言えません。
正しいしやつくりの止め方というのはまだ発見されておらず、どのような方法がその人に効くのか、いろいろやってみなければわからないのです。
他にも水を飲むといった方法や、同じ水を飲むでもコップの反対側から飲む、またしやつくりとは全く関係のないところで特定のなぞなぞを出してもらってそれに答える、といったものもあるようです。
正しいやり方がまだ見つかっていない以上、心理的な形から入るしやつくりの止め方もあるということでしょうか。

スポンサーリンク

ではしやつくりとはどのような原因で起こるのでしょうか。
しやつくりは食べた後のげっぷによって引き起こされることが多く、よくイラストなどでもしやつくりをしている様子が描かれていますが、お酒を大量に飲んだり辛すぎるものを食べたりしても起こります。
その理由としては横隔膜の筋肉に刺激を与えられるためとされています。
このように原因はある程度は分かっているため、しやつくりの止め方が解明されていなくとも事前に起こさないように予防することは可能です。
ただし起きる原因はこれだけではありませんので、何かの拍子に起こってしまうこともあります。
その場合は先ほどの方法や、自分で知っている方法を試してみるのもいいでしょう。
また、しやつくりは過度のストレスなどによって起きやすくなることもあり、人によっては深刻になるケースもあるようです。
そのような場合にはしやつくりを止めるための薬もありますし、漢方でも柿のヘタの部分が効くとされています。
あまり悩まずにいろいろ試して自分なりの対処法を見つけることが一番です。

スポンサーリンク