胎動 しゃっくり 逆子

胎動で感じるしゃっくりと逆子の関係性

スポンサーリンク

お腹の中にいる赤ちゃんもしゃっくりをするようになります。
そしてそれは決して珍しことではなく多くの妊婦さんが経験していることでもあります。
原因ははっきりわかっていませんが、正常なことであり、成長の証拠だと言えます。
原因は主に二つ考えられます。
肺呼吸の練習、横隔膜への刺激による痙攣です。
どちらにしても胎児の肺や筋肉が順調に成長している証と受け取って間違いありません。
このような現象があらわれるのは大体妊娠五ヶ月頃からです。
これは個人差があるのでそれよりももっと早く感じる人もいますし、出産まで一度も感じたことがないという人もいます。
どちらでも異常なことではないので安心していいです。
また、感じ方としてはキックやパンチするような胎動とは違い、定期的で規則正しい動きでリズムを刻むように感じる人が多いです。
痙攣しているように感じるので初めての経験であれば不安に感じてしまいますが、その心配は全くありません。

スポンサーリンク

胎児が通常の位置にいる場合、胎児の頭は恥骨近くに頭があるため恥骨の上や膀胱付近で感じることが多く、逆子の場合はお腹の中心や脇腹で感じることが多いです。
こうした頭の位置で判断する人も多いので、逆子になると帝王切開での出産になるのではないかと不安に感じる人が多いです。
しかし、こうした日々の胎動の様子で胎内の赤ちゃんの様子を観察し、相談や体操をする判断や病院に行くタイミングがわかりますので、ある意味良いことでもあります。
その逆に胎内にいる赤ちゃんの様子がよくわからず心配になってしまったり、呼吸が苦しいのではないかと思う人も少なくありません。
基本的には胎動のみで自己判断せず、不安なことや気になることがあればすぐに受診してください。
何よりも赤ちゃん自体は元気に育っている証拠なので、あまりに回数が多いと少し辛いかもしれませんが、こうした変化をお腹で感じ取れる期間もほんのわずかなので楽しむことも重要です。

スポンサーリンク