胎児 しゃっくり いつまで

胎児のしゃっくりはいつまで続く?

スポンサーリンク

女性が妊娠し、お腹の中に小さな生命を宿した時から様々な症状が母親の体に現れ始めます。
その中でも多くの妊婦さんが経験するのが、胎児のしゃっくりです。
この症状は人によって時期は異なりますが、五カ月頃から始まる方が多いようです。
しゃっくりは横隔膜の痙攣ですから、お腹の中にいる胎児の横隔膜の痙攣が母体にも伝わり、ピクピク動く不思議な感覚を引き起こします。
実際にこの症状が起こる原因ははっきりとは分かっていません。
羊水を飲んで異物やごみ等の不要物を吐き出すために起こるといった説や、お腹の中から出た時から呼吸を上手く出来るようになるための練習で起こるといった説があります。
原因ははっきりとは分からないにせよ、胎児がお腹の中ですくすくと育っている事には間違いありません。
そのため、長い間続く、多い等といった症状に神経質にならず、ゆったりとした気持ちで胎児の成長を喜び、ストレスの少ない妊婦生活を送る事がお勧めです。

スポンサーリンク

胎児のしゃっくりが頻繁に起こると、いつまで続くのかと不安になる方がいらっしゃいます。
この症状がいつまで続くのは、個人によって差があるため、いつまでと断定する事は出来ません。
臨月になっても起こる場合もあれば、臨月辺りから感じなくなったという方もいらっしゃいます。
この胎児のしゃっくりは大人とは違い、決して苦しいものではないため、長引くからといって心配する必要はありません。
お腹の中で苦しさを感じる事なく、症状のみが起こっている状態なのです。
さらにしゃっくりが多いと何か異常があるのではと心配される方もいらっしゃいますが、そういった関係性はないと言われています。
そして出産後外の世界で生活を始める新生児がまだしゃっくりを引きずっている事もあります。
しかし、この症状は人間の本能的な行為なので、何も問題はありません。
そのため、無理に止める対処等は一切せず、人間の本能だと思って見守ってあげる事が一番大切なのです。

スポンサーリンク