新生児 しゃっくり お風呂 止まる

新生児のしゃっくりはお風呂に入ると止まる?

スポンサーリンク

赤ちゃんが生まれたときには家族に大きな喜びをもたらすようになっています。
しかし初めての子育てをするというようなときには、何から手を付ければいいのかわからないという人も多くなっています。
また新生児の少しの体の変化にも驚かされてしまうということもあります。
苦しそうにしていなくても、いつもとは違う様子に困ってしまうということも珍しくありません。
新生児はよくしゃっくりをするようになっています。
これは決して珍しいことではありません。
大人と同じように生理現象の一つとなっています。
しかし新生児が小さな体でしゃっくりをしていると、苦しいのではないかと心配になってしまいます。
つらそうに見えますが、実際にはそれほどつらいものではないのです。
ここで笑顔を見せているというようなこともあります。
しゃっくりは横隔膜が痙攣することで発生するようになっています。
すなわち生理現象ということになります。
放っておいても自然に治まるようになっています。

スポンサーリンク

しかしこの様子が見られると、少しでも早く止めてあげたいと考える人もいます。
なぜこのような症状が現れるのかというと、おむつが汚れるというようなことで、体温が下がっていることが原因と考えられています。
したがってこれを解消するためには新しいおむつに取り替えたり、横隔膜があるお腹や胸の部分を温めるという方法が効果的です。
お風呂にはいるとしゃっくりが止まるということがあります。
お風呂にはいると止まるのは、横隔膜が温められているからと考えることができます。
お風呂にはいると体温が上昇するので、その結果しゃっくりが止まるということが多くなっています。
温めたタオルをみぞおちの付近に置くという方法も効果があります。
体を温めるという方法以外にもしゃっくりを止める方法があります。
それはミルクを飲ませてゲップをさせるという方法があります。
基本的にこれだけで止まるようになっています。
しかし基本的にはこの時期にはあまり心配するものではありません。
自然に任せておくようにします。

スポンサーリンク