横隔膜 痙攣 咳

横隔膜の痙攣と咳の関係

スポンサーリンク

人間は呼吸をすることで、生命活動を維持しています。
この呼吸をするときに胸の筋肉も一緒に動かしているということになります。
息を吸うときには、横隔膜という膜が引き下げられるように動いていると考えられています。
その結果肺を膨らますことができるのです。
息を吐き出すというときには横隔膜は上に上がり、肺が小さくなるというような仕組みとなっています。
呼吸をするときに非常に重要な役割を果たしているというのが、横隔膜となります。
しかし食事の際に刺激を受けたり、咳をするなどでここが刺激されてしまうことがあります。
その際ここが痙攣を引き起こしてしまいます。
これがしゃっくりが出る仕組みとなっています。
咳などの刺激が関係して発生することがありますが、この他には病気が原因となっていることもあるので、注意が必要となります。
基本的にしゃっくりは自然に治まるようになっています。
咳が原因となっている場合はその傾向があります。

スポンサーリンク

しかし頻繁に横隔膜が痙攣を引き起こしてしゃっくりが発生するというような場合には、何か病気が関係している可能性があります。
通常は数分で治まるようになっています。
しかしできるだけ早く止めたいと考えた場合には、深く息を吸うというように深呼吸を行ったりすると効果があります。
しかし横隔膜の痙攣が長時間続くというようなことがあります。
長時間続くというような場合には、気管支に何らかの異常があると考えられています。
てんかんなどの病気があるという場合には、しゃっくりが止まりにくい傾向があります。
したがって病院を受診して検査を受けるようにします。
てんかんの可能性が考えられるというような場合には、脳波やCTやMRIの検査が行われるようになっています。
ここで脳の異常を調べます。
この他には血圧測定や血液検査や尿検査が行われるようになっています。
しゃっくりを止める民間療法としては、ゆっくりと深呼吸を行ったり、冷たい水をゆっくりと飲むという方法があります。

スポンサーリンク