しゃっくり 100回 死ぬ 理由

しゃっくりを100回すると死ぬと言われる理由

スポンサーリンク

しゃっくりを100回すると死ぬと言われていますが、実際のところはどうなのでしょうか。
結論からいうと、しゃっくりを100回したところで死ぬということはありません。
実際に、約68年間しゃっくりをし続けた男性がいますが、何事もなく生きていたというデータが確認されています。
回数として数えると約4億3千万回以上と、100回をかなり上回っています。
何十年と止まらなくても、結婚して子供もでき、ごく普通の生活を送ることができていたそうです。
ちなみにこの男性は、ギネスにも認定されています。
では何故100回すると死ぬといわれているのでしょうか。
まずしゃっくりとは、横隔膜という肺の下あたりにある筋肉が何らかの刺激を受けて、強い痙攣を起こす症状のことで、普通である場合は何の問題もありません。
はっきりとした原因はまだ分かっていませんが、暴飲暴食やアルコールの過剰摂取、急に大きい声を出したり、冷たい水を浴びたりすると出るといわれています。

スポンサーリンク

基本的には心配をする必要はありません。
しかし中には、病気が原因でしゃっくりが出ているという可能性も存在します。
尿毒素や脳梗塞、がんや中枢神経に関わる病気などといった、命に関わるような大きな病気が隠されていることもあります。
100回すると死ぬといわれている理由はここにあるのかもしれません。
昔に、病気が原因で多くしゃっくりが出ていて、その後に死んでしまう人がいたからそう言い伝えられていたという説も存在しています。
また、こういった病気のサインだという意味で伝わったという説もあります。
この他にもこういう風に言い伝えられる理由があります。
100回も続かない、その間に必ず止まるという意味が込められているなど様々な考え方が存在しています。
実際に死ぬことはないのでこの言い伝えは迷信だということになりますが、そういわれている理由を考えてみると、自分の体調や体の変化をしっかりとチェックすることが大切だということが分かります。

スポンサーリンク