ひゃくりの止め方

ひゃくりの止め方

スポンサーリンク

ひゃくりの止め方には、いくつかの方法があります。
まずは、息を止める方法です。
ひゃくりは、横隔膜の痙攣によって起こります。
息を大きく吸い、息を止めることで横隔膜の動きを一時的に止めることができます。
この時、なるべく息を止める時間を長くすることがポイントです。
できる限り、息を止めることで、その分横隔膜の動きを長く止めることができ、その効果が高まります。
ただし、息を止めすぎてしまうと、苦しくなってしまうため、自分の身体と相談しながら行ってください。
次のひゃくりの止め方の方法は、水を1杯飲むことです。
この、水を飲む時のポイントは、冷たい冷水を使用することです。
そして、一気に飲み干すことが大事になってきます。
この方法は、ひゃくりを止めるために重要な迷走神経という身体の神経を刺激する効果があります。
しかし、水を飲みすぎてしまうと、身体に弊害が起きてしまいます。
そのため、飲みすぎには注意をして行うことが大事でしょう。

スポンサーリンク

他にも、ひゃくりの止め方には方法があります。
1つは、誰かに驚かせてもらうことです。
しかし、驚かせて欲しいと頼んではあまり意味がありません。
すぐに、わかってしまうからです。
そのため、この場合は、驚かせてほしいと頼まれた人と驚かせる人が違うことが大事となります。
この場合、頼まれた人が、また別のほかの人に驚かせて欲しい人のことを頼むとよいでしょう。
そうすることで、ひゃくりをしている人は、何も知らずに驚くことができます。
また、協力を得ることができない場合には、少し時間をおいて驚かせます。
すると、驚かせることを頼んだことを忘れている場合があるため、思った以上に効果を得られることができます。
さらに、嘘か本当かわからないくらいの嘘で驚かせることも効果的です。
ゴシップなど、ひゃくりをしている人が、かなり驚くような嘘をつきましょう。
すぐにひゃくりどころじゃなくなることが期待できます。
この他にも、ひゃくりの止め方にはたくさんの方法があります。
いくつかの方法を試してくうちに自然と止まることでしょう。

スポンサーリンク