しゃっくりがよく出る人

しゃっくりがよく出る人は要注意

スポンサーリンク

しゃっくりがでる原因は何かしらの原因によって横隔膜が痙攣することにより起こります。
大抵の場合しゃっくりはすぐに収まりますが、長時間続いたり頻繁に起こる場合には深刻な病気が原因である場合があります。
そのためしゃっくりがよく出る人は医療機関で一度診てもらう必要があります。
しゃっくりの止め方としては、息を止めたり水を飲んだりする方法がよくとられます。
こうすることで横隔膜の痙攣を鎮めることができます。
脳の病気が原因でしゃっくりがとまらない場合もあります。
脳や脊髄に障害があると、運動障害としてしゃっくりが続くということもあります。
48時間以上続いたり1カ月続く場合には医療機関での診察が必要です。
赤ちゃんであれば大人に比べてしゃっくりが起こりやすいのですが、これは横隔膜が未熟であることが原因です。
そのためミルクを飲む時など空気を吸い込んで少しでも刺激を受けると横隔膜が痙攣することになり、しゃっくりが出やすくなります。

スポンサーリンク

しゃっくりがよく出る人はアルコールをよく摂取するという特徴もあります。
お酒や辛い食べ物によって横隔膜が刺激され痙攣してしゃっくりが続くことになります。
またアルコールを摂取すると体温がさがるため、しゃっくりがでやすくなります。
その場合には水を飲んで酔いをさますのと同時に、しゃっくりを抑えてやる必要があります。
赤ちゃんであれば頻繁にしゃっくりがでても心配する必要はありませんが、大人の場合で常にアルコールを摂取するような人であれば頻繁にしゃっくりがでて、アルコールを飲んでいない時にもしゃっくりがとまらないという人は病院で診てもらう必要があります。
放っておくと重大な病気にかかっていて進行が進み手遅れになってしまうということになります。
しゃっくりがよく出る人でアルコールをよく摂取するという人は、普段の生活習慣を見直し休肝日をつくることも必要です。
そういったちょっとした心がけが重大な病気の予防にもなります。

スポンサーリンク