しゃっくり 心臓 痛い 原因 対処法

しゃっくりをすると心臓が痛い原因と対処法

スポンサーリンク

しゃっくりで急に心臓のあたりが気になって痛いと感じてしまうこともあります。
しかし、実際には心臓の問題ではなく、原因が肋間神経痛である場合が多いです。
肋間神経痛の症状については様々で、神経も多く通っているので背中や脇や胸のあたりに痛みを感じることになってしまいます。
それが心臓であるような気がするということになります。
しかし、場所によっては非常に心配になってしまいます。
肋間神経痛であれば、それほど長く痛みを感じることもないので気になるようであれば病院を受診して検査を受けてみることが大切です。
痛い時には安静にすることが大切になってきます。
肋間神経痛になる原因としては運動不足や逆に過度な運動のし過ぎがあります。
痛いと感じた時にはとにかく動かないということが大切です。
そういう時に湿布や痛み止めなどの薬を飲んだりしても解決しないことがほとんどです。
日頃からしっかりと動かすということが予防になります。
後は姿勢の悪さも関係しています。

スポンサーリンク

しゃっくりはその症状のきっかけになったに過ぎないということです。
しゃっくりは横隔膜の痙攣が原因とされています。
こちらについてもはっきりした原因は分かっていないといえます。
対処法は水を一気に飲むとか、息を止めるとか様々な民間療法がありますが、どれもが対処法だということになります。
通常は何も問題がないということがほとんどですが、何か原因が潜んでいる場合があります。
あまりにも頻度が多いというようなときにはしっかりと検査を受けることが大事です。
実際にしゃっくりで急に命に関わるようなことになることはないですが、あまりにも回数が多いと体への負担が大きく、良くないということもあります。
とにかくあまりにも頻繁に出る場合には何かの病気が隠れていることもあるので検査を受けておくことが大切です。
しかし生活習慣によってもしゃっくりが出やすい状態を作るといわれています。
それは早食いです。
喉の奥に神経が集中しているために起こるともいわれています。

スポンサーリンク