しゃっくりすると耳が痛い 対処法

しゃっくりすると耳が痛い時の対処法

スポンサーリンク

人間の体にはたくさんの生理現象があります。
それによって生命活動を維持していると言っても過言ではありません。
日常生活の中でそれほど不快に感じるということが少なくなっていますが、中には不快に感じてしまう生理現象というものもあります。
その中の一つにしゃっくりがあります。
しゃっくりは誰もが一度は経験をしたことがあるものとなっています。
横隔膜が痙攣をすることで発生するようになっています。
とくに小さな子供に見られることが多くなっていますが、これは横隔膜がまだしっかりと発達していないということが関係しています。
しゃっくりは急に現れるようになっているので、自分でコントロールをすることができません。
これは比較的頻度の高い生理現象となっています。
食事をするときに早く食べてしまったり症状が現れることが多くなっています。
たくさん笑ったときにも発生することがあります。
なぜこのようなときに発生することが多くなっているのかというと、そこには次のような理由があります。

スポンサーリンク

食事をすることで、お腹の部分にある横隔膜が痙攣を引き起こしているという現象となります。
したがって痙攣と一緒に胸郭が動くようになっています。
このようなしゃっくりに関しては、痙攣をしているだけとなっているので、痛みを感じるということはありません。
しかしこのときに耳の部分に痛みが発生するということがあります。
しゃっくりすると耳が痛いというようなことがあります。
しゃっくりすると耳が痛いというようなことがありますが、ここでは横隔膜と耳との間には解剖学的なつながりはありません。
したがってしゃっくりすると耳が痛いというような関連性は説明することができません。
しかし耳の穴周辺には横隔膜と連動しているツボがあります。
しゃっくりを止める対処法として耳の穴の指を入れるという方法があります。
この対処法は耳のツボと横隔膜との連動性を利用したものとなっています。
しゃっくりを止め対処法として耳の穴に指を入れるという方法がありますが、効果がある確率は約70パーセントとなっています。

スポンサーリンク